コラム

コラム

EDと生活習慣病の関係性とは

EDになってしまう原因として、ストレスや緊張などで勃起が上手くいかない「心因性ED」や加齢などが挙げられます。しかし、それ以外にも主な原因となってしまうものとして肥満、生活習慣病といった病気もEDの原因になってしまう事をご存知でしょうか?

今回はEDと生活習慣病の関係性についてお話しさせていただきます。

EDとは

sick_noiroze_man

EDとはErectile Dysfunctionの略称で『勃起不全』のことを言います。男性の方なら多くの人に起こりえる可能性のある病気で、以前は『インポテンツ』とも呼ばれていました。二つの言葉は違う意味を持ち『勃起不全』は勃起するのに時間がかかり性行為中に萎えてしまう、中折れしてしまうと言った硬さ不足など性行為時に十分な勃起や持続ができないことを指します。『インポテンツ』は性行為ができるだけの勃起が出来ず、勃起不能のことを指します。

1998年に男性を対象に行われた調査では成人の4人に1人が勃起が十分でなく、時々十分な勃起ができず性行為ができない中等度のED、性行為時に勃起しないため性行為ができない完全ED、軽度のEDを含めると約53%にもなると発表されているほど意外と身近な悩みとなっています。ED(勃起不全)は年齢に関わらずなりえる可能性がある勃起障害なのです。また、全体の約50%が20代30代と調査でわかっていおり、現在ED(勃起不全)に悩んでいる男性は日本国内で約1130万人と言われています。年々悩んでいる方が増加しており、ご高齢の方が性行為を行いたいと思われている方が増えていることも要因の一つです。ED(勃起不全)には心因性ED(現実心因・深層心因)・器質性ED(加齢・生活習慣病)・薬剤性ED(抗うつ剤・降圧剤)があります。

EDにも種類がある

EDと一言に言っても原因として色々な種類が御座います。大きく分けると三つございます。

心因性ED

こちらは冒頭で説明させていただきました、ストレスや緊張などでうまく勃起が出来ないED症状です。主に若い方に多く、パートナーの女性の方に言われた言葉などに過敏に反応してしまう事や経済的なストレス、疲れている、過去の性的なトラウマ、焦り等が影響していると言われています。

器質性ED

こちらは加齢や生活習慣病等が原因で勃起が上手くい出来ないED症状です。こちらは肥満や糖尿病等により動脈が硬化してしまい、勃起の妨げになってしまうのが原因です。神経障害や外傷といったことが原因のEDも器質性EDの分類になります。

薬剤性ED

こちらは前立腺肥大症、前立腺炎や精巣静脈瘤などの泌尿器科系の疾患がEDの原因となってしまっている症状です。排尿状態が悪いことなどが心理的な影響を与えてEDが起こったり、治療薬の一部にEDを引き起こす薬剤が含まれていることがある為起こります。慢性腎不全の方や血液透析を受けている方、椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍、多発性硬化症などの疾患、生まれつきの病気により陰茎の形が性交に適さない場合もEDの原因とされています。

以上が主なEDの種類です。まず診察を受ける前に自分がどの分類のEDかを知っておくといいかもしれません。

生活習慣病とEDの関連性について

ここまでEDの主な原因をお話しさせていただきました。それでは本題であるなぜ生活習慣病がEDの原因になってしまうのかを深く掘り下げて説明していこうと思います。

生活習慣病による動脈硬化が原因

前文で説明しました通り、糖尿病、高血圧、脂質異常症、心血管障害など血液循環に関連する生活習慣病の方は、生活習慣病による陰茎の動脈硬化が進むことでED症状が出てしまいます。特に糖尿病は血管や神経などに障害が起きるので、生活習慣病の中でもED症状がでる可能性が最も高い疾患です。糖尿病の進行度によりEDの症状も軽度から重度のものに分かれていきます。また、高血圧や脂質異常症もED症状の出る割合が高く、どちらも動脈硬化を引き起こす原因なので注意が必要です。また、動脈硬化に処方する薬剤がEDの原因になる事もあります。

お酒や煙草もEDの原因に

生活習慣病もEDの原因ですが、お酒や煙草などもEDの原因になります。

まず煙草ですが、煙草に含まれる「ニコチン」は血管を収縮する作用があります。その為細かい血管が多い陰茎はその影響を受けやすく、陰茎への正常な血液循環が阻まれてしまいED症状を引き起こす原因になります。すぐになるわけではないですが長期間喫煙歴のある方ですと動脈硬化の原因になりますので注意が必要です。不安な方は少しずつ煙草の量を減らしていき、最終的には禁煙をしていく事がお勧めです。

次にお酒ですが、煙草と違い適量でしたら緊張もほぐれるのでリラックス効果もありそこまで問題はありません。しかし過剰に摂取してしまいますと、EDの原因になってしまいます。アルコールには神経を抑制する働きがある為、勃起に必要な神経も同じように抑制されてしまうため、ED症状を引き起こす原因となってしまいます。習慣的に飲酒をされている方ですと肝機能が低下している恐れもありED薬が上手く作用しなかったり、男性ホルモンの量が減少してしまいます。またED治療薬を服用出来なくなってしまう可能性が御座います。

お酒自体を突然キッパリと止めるのはなかなか難しいでしょう。また、適量であれば雰囲気作りにも役立ちますのでお酒を飲まない性行為は考えられないという方もいらっしゃると思います。お酒なども多く飲む方も少しずつ量を減らしていくのが良いでしょう。

適度な運動や食事の改善などで予防

gym_running_man煙草やお酒などはEDの原因にもなりますし、生活習慣病の原因にもなります。EDの症状はそういった病気の中でも比較的早く症状が現れる為、ED治療をきっかけに生活習慣を見直すといいかもしれません。減酒や減煙も大事ですが食生活の改善やしっかりと睡眠時間を取る事も重要ですし、軽い運動やスポーツを始め習慣付けるのも効果的です。

気になる方は、ぜひお試しいただきより健康的な生活を送れるようにしていきましょう。

記事監修

平成16年
秋田大学医学部医学科卒業
平成16年
上尾中央総合病院
平成26年
ユナイテッドクリニック池袋院
平成27年
ユナイテッドクリニック上野院
平成29年
ユナイテッドクリニック大宮院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト