コラム

コラム

デュタステリドの効果と副作用について

薄毛・AGA治療を行うユナイテッドクリニックでは、プロペシアやプロペシアジェネリックといったフィナステリド製剤、ザガーロやアボルブといったデュタステリド製剤、ミノキシジル製剤といった各種AGA治療薬を取り揃えております。

今回は韓国に次いで日本でもAGA治療薬として承認が了承され、ザガーロの有効成分としても話題になったデュタステリドの効果・服用間隔・副作用といったことについてお話しします。また併せてプロペシア等の有効成分であるフィナステリドとデュタステリドの違いについてもお話しします。

デュタステリドのAGAに対する効果

DSCN2625

デュタステリドとはAGA治療薬として有名なプロペシアと同じく「5α還元酵素阻害薬」に分類されます。
その名の通り5α還元酵素という酵素の働きを阻害する作用があります。
その結果として男性ホルモンの一種であるテストステロンがAGA等といった様々な疾患の原因とされるDHT(ジヒドロテストステロン)へと変換させられるのを防ぎます。
この5α還元酵素にはI型・II型と2種類あり、I型は前頭部から後頭部へかけての皮脂腺、II型は頭頂部の毛乳頭部に多く存在しています。

従来のAGA治療で用いられてきたプロペシアの有効成分であるフィナステリドはこのうちのII型5α還元酵素の働きのみブロックする作用があることから、頭頂部の薄毛改善にはかなりの効果はあるものの前頭部から後頭部にかける薄毛にはあまり効果がありませんでした。

一方今回お話ししているデュタステリドにはI型・II型両方の働きをブロックする作用があります。
またフィナステリドと比較し1.6倍もの発毛効果があるとのデータもあります。
以上のことからも今までフィナステリドの服用で満足いく効果が得られなかった方は、このデュタステリドに切り替えることをお勧めします。

服用方法は通常0.5mgカプセルを1日1回経口服用します。服用間隔は24時間で出来るだけ時間を決めて服用する方が習慣化することで飲み忘れを防げ、またデュタステリドの血中濃度が安定し効果にムラが出ないのでいいでしょう。

デュタステリドの前立腺肥大症に対する効果

前立腺肥大症とは膀胱のすぐ下に男性のみにある前立腺という臓器が肥大することで尿道を圧迫し尿の勢いが悪くなったりする疾患です。他にも排尿に時間がかかる、残尿感や頻尿といった症状があります。

前立腺肥大症はAGAと同じくDHTがその原因とされることから、5α還元酵素の働きを阻害しDHTが産生されないようにする事が有効な治療法です。
実はこのデュタステリドですが、フィナステリドと同じく元々は前立腺肥大症の治療薬として研究開発されていました。
そして今日でも前立腺肥大症の治療薬「アボルブ」の商品名で販売されています。
またフィナステリドは現在国内では前立腺肥大症としては承認されていませんが、海外では承認されており「プロスカー」の商品名で販売されています。

こちらも通常0.5mgカプセルを1日1回経口服用します。

ザガーロとアボルブ

2016年6月に新AGA治療薬「ザガーロ」の販売が開始され、大きな話題になりました。
このザガーロの有効成分はデュタステリドということもあり、プロペシアからの切り替えを検討・また実行している方も多くいらっしゃいます。

実はこのザガーロですが双子の兄弟、果ては変身前とも言えるお薬があります。それが前立腺肥大症治療薬「アボルブ」です。
ザガーロとアボルブはどちらもイギリスに本社を置く大手製薬会社、GSK(グラクソ・スミスクライン)社から販売されており、どちらも有効成分がデュタステリドとなります。
元々国内ではデュタステリドは前立腺肥大症としてのみ承認されておりアボルブとして販売されていましたが、そのAGA改善効果の高さから自由診療のクリニック・医療機関ではAGA治療薬として適応外処方されてきていました。
そして2015年9月にデュタステリドがAGA治療薬として承認されたことにより、登場したのがザガーロになります。

つまりアボルブとザガーロはパッケージと剤形が異なるだけで成分や効能、副作用はまるっきり同じお薬ということになります。

デュタステリドの副作用

数々の臨床試験をパスして2016年にAGA治療薬としても承認されたデュタステリドですが、プロペシア(フィナステリド)と同作用機序という事もあり、似た副作用の報告があります。また副作用の発現頻度はフィナステリドと比較して若干高いとも言われています。

デュタステリドを用いた副作用の試験では総症例557例中(そのうち日本人は120例)95例(17.1%)に副作用が発現しました。
主なものは勃起不全24例(4.3%)、リビドー減退22例(3.9%)、精液量の減少7例(1.3%)でした。
重篤な副作用の報告は2016年時点では確認されておりません。
またこれらの副作用は対象を二つの群に分け、一方にはデュタステリド、もう一方には成分が何も入っていない偽薬(プラセボ)を服用させる臨床試験では有意差が見られなかったとされます。

ザガーロやアボルブは専門の医療機関で医師の診察の元、これらの副作用にも留意して処方してもらいましょう。

1-45

デュタステリドは医療機関での処方をお勧めします

デュタステリドは現在ザガーロやアボルブの他にも海外ではジェネリックが販売されています。(アボダート、デュプロスト等)
これらは価格が低く抑えられており人気ですが、国内未承認医薬品であるため購入は海外からの個人輸入等に頼ることになります。
しかし医薬品の通販・個人輸入は偽造品の混入等の問題点が多く、多くの被害報告を聞きます。
海外製医薬品はメーカー直通といった信頼できるルートを持つ医療機関で、医師の診察の元に処方してもらうことをお薦めします。

記事監修

平成16年
秋田大学医学部医学科卒業
平成16年
上尾中央総合病院
平成26年
ユナイテッドクリニック池袋院
平成27年
ユナイテッドクリニック上野院
平成29年
ユナイテッドクリニック大宮院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト