コラム

コラム

ミノキシジルの育毛剤

日本で唯一「発毛」の効果が認められたお薬に「リアップ」というものがあります。この主成分はミノキシジルというもので、もともとはアメリカのメーカーによって開発されたものです。リアップにはどのくらいの発毛効果があるのか、女性用のリアップとは何が違うのか、などについてお話していきます。

ミノキシジルとは

現在は「発毛」の効果で高く評価されているミノキシジルですが、当初は血圧を下げるお薬、「降圧剤」として開発された成分です。血圧を下げる作用が発毛を促しているとの見方が、一時は一般的でしたが、その他の降圧剤においてはこの発毛効果を認めることが出来なかったため、ミノキシジル特有の作用で発毛が促されているとの見方が現在は一般的です。

降圧剤としての開発に世界で初めて取り組んだのが、現在は世界的製薬メーカーへと成長したファイザー社で、当時は「アップ・ジョン社」という社名でした。始めは「ロニテン」という降圧剤として販売がはじまったのですが、副作用として毛髪が増えることがわかり、適応外ではありますがAGA(薄毛)治療薬として飲まれるようになりました。

内服薬と外用薬

はじめは降圧剤として、内服薬として販売が開始されたミノキシジルですが、その後発毛効果が認められたことから外用薬としての開発がはじまります。そうして誕生したのがリアップのもとになった「ロゲイン」という外用のミノキシジルです。発毛の効果の高さが際立つ分、副作用が気になる内服のミノキシジルに対して、外用のミノキシジルはシャンプーやせっけんを利用するように、日常生活で利用しやすいものになっています。

また泡状のミノキシジルがスプレー缶に内臓されているロゲインに対して、リアップは液状のものをふたの目盛りで計測して使用するものになっています。ミノキシジルは塗布した後、成分の浸透を促すためにある程度の時間は洗い流さずに置いておく必要があります。ロゲインは泡状になっていますので、成分がながれたりせずとどまりやすいというメリットがありますが、スプレーになっていますので量を測りにくく目分量の使用になってしまうというデメリットがあります。リアップは前述の通り液状ですので、正確に量を測ってしようすることができます。基本的にミノキシジルは1日2回という使用の下で「発毛」の効果が認められています。適量を継続して使用する必要がありますので、正確な量を計測できる点は大きなメリットです。泡状のロゲインと比較すると液状のリアップは頭皮にとどまりにくいデメリットもあります。これは一概にどちらが良いとは言い切れませんので、ご自身にあったタイプを利用していただくのがよいでしょう。

ロゲインは日本では承認を得ておりませんので、現在承認を得た育毛剤としてのミノキシジルは日本では「リアップ」のみ販売されています。

DSCN0868

リアップ(成分名:ミノキシジル)の効果

リアップの販売元である「大正製薬」より、ミノキシジルを5%含有した「リアップX5」の臨床試験の結果が報告されています。それによると、早い人で約1ヵ月で軽度改善(明確な毛髪成長がみられるが、薄くなった領域をかなり被うということはない)が見られます。その後6か月で2.1%の方に著明改善(薄くなった領域がほぼ完全に被われている。毛髪の密度は薄毛化していない領域とほぼ等しい)が見られ、47.9%の方に中等度改善(薄くなった領域が、新発毛により部分的に被われているが、薄くならなかった領域に比べると密度は低い)、41.7%に軽度改善、6.4%に不変(変化なし)という結果になっています。

さらに約一年後では、著明改善が11.1%、中等度改善が66.7%、軽度改善が20%、と続きます。

4週後 24週後 52週後
著明改善 0% 2.1% 11.1%
中等度改善 0% 47.9% 66.7%
軽度改善 4.1% 41.7% 20%
不明 95.9% 8.3% 0%
悪化 0% 0% 2.2%

また、AGA治療において重要な使用する人の実感についても「被験者の印象」という、1.非常によくなった、2.よくなった、3.少し良くなった、4.変わらなかった、5.悪くなったでの5段階評価でデータをとっています。それによると、使用して約3か月で42.9%の人が1、2、3、を合わせた「よくなった」という印象を得られています。約半年後では79.2%、約1年後で91.1%となっています。

12週後 24週後 52週後
非常に良くなった 4.1% 6.3% 13.3%
良くなった 4.1% 22.9% 46.7%
少し良くなった 34.7% 50% 31.1%
変わらなかった 57.1% 20.8% 8.9%
悪くなった 0% 0% 0%

AGA(薄毛)の治療というものは、髪の毛のサイクルに合わせて少しずつ改善が見られるものですので、すぐに効果を確認することができないという問題があります。以上のリアップの試験結果からもわかるように、日本で唯一「発毛」の効果が認められているお薬でも、早い人で3か月、多くの方が6か月は効果が認められたり、実感するまでに時間が掛かってしまうのです。逆に言えば1年でほとんどの人に効果が得られるミノキシジルは、AGA(薄毛)の治療には欠かせないものであるとも言えます。

ミノキシジルの使用方法

ミノキシジルの外用剤である、ロゲイン・リアップは1日2回の使用でその効果が認められています。使用する前は、ミノキシジルの浸透を促すためにも、頭皮をなるべく清潔な状態にしておいてください。また髪の毛が濡れていると、水と一緒に流れてしまう可能性があります。なるべく、頭皮・髪の毛は乾いた状態で使用してください。

AGA(薄毛)の症状が気になる箇所に適量を塗布した後は、指の腹で優しくマッサージをして、浸透・血流を促すとより効果的です。しかし、ミノキシジルの使用時に限らず、頭皮を触る場合はなるべく過剰にならないように気を付けてください。無意識に頭を触る癖がある人が、気づくとその触れている箇所だけ脱毛が起こってしまっているということもあります。

また塗布後はなるべく1時間程度は洗い流したりせず浸透を待ってください。ミノキシジルの外用剤はすこしベタつきやにおいが気になることがありますので、シャンプーで洗い流したくなるかもしれませんが、ミノキシジルの浸透には約1時間掛かると言われていますので、すくなくとも1時間はそのままにしてください。

2-25

ミノキシジルはクリニックで

ユナイテッドクリニックではミノキシジルの外用剤を泡タイプとローションタイプの両方ご用意しております。どちらもミノキシジル5%含有しています。また、飲むミノキシジル、ミノキシジルタブレットもご用意しております。外用薬よりも内服薬のほうが効果が高いことで知られています。ミノキシジルは日本皮膚科学会における男性型脱毛症の診療ガイドラインにおいてAランク(行うよう強く勧められる)の最高ランクの薬剤です。ユイナイテッドクリニックではこのAランクの薬剤に加え、髪に必要なサプリメント、ダメージケア用のシャンプーをセットにしたAGA Medical Dr’s Selectが最も効果が出ています。またミノキシジル外用薬との併用は相乗効果となりますので効果が高まります。ミノキシジルはネットで購入できますが偽物が多く、健康被害も多数報告されておりますので正規の流通ルートを持つクリニックで医師の処方を受けましょう。

記事監修

平成14年
帝京大学医学部卒
平成14年
帝京大学附属病院
平成16年
帝京大学大学院医学研究科第一医学専攻博士課程
平成20年
同博士課程修了(博士号取得)
平成20年
上尾中央総合病院
平成27年
上野ユナイテッドクリニック院長
平成30年
ユナイテッドクリニック名古屋院院長

診療メニュー一覧

診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6427-0522
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト