コラム

コラム

ミノキシジルと耐性

ユナイテッドクリニックではプロペシア・プロペシアジェネリック、ザガーロ・アボルブ、ミノキシジルといった各種AGA治療薬を取り揃えております。

今回は大正製薬から販売されている薄毛治療薬リアップの有効成分として良く知られているミノキシジルの耐性についてお話しします。

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは血管の拡張作用がある成分で、今日ではDHTの産生を抑制し脱毛を抑える成分であるフィナステリド(先発医薬品名:プロペシア)と並び、AGA(男性型脱毛症)治療に最も用いるべき薬剤として日本皮膚科学会により発表されています。
ミノキシジルの詳しいAGA改善効果は未だ解明されていませんが、血管拡張作用により頭皮の血流が改善され、毛母細胞に栄養が行きわたることにより発毛が促されるとされています。

このミノキシジルは元々は経口の降圧剤として利用されてきた成分ですが、研究段階で患者に副作用として多毛症(発毛効果)が見られたことから薄毛治療薬としての研究がスタートし、米アップジョン社(現在のファイザー社)により外用薄毛治療薬「ロゲイン」として販売が開始されました。国内ではこのロゲインの日本でのOTCライセンスを取得した大正製薬により成分は全く同じ日本版ロゲインともいえる「リアップ」の販売が開始され、現在では用途に合わせた様々なラインナップがある同社の主力商品となっています。
また現在国内では未承認ですが、ミノキシジルは経口タイプのミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)の方が外用より発毛効果が高いことが知られており、現在多くのAGA治療を行うクリニックで処方されています。

DSCN2688

近年ではプロペシアのジェネリック(フィナステリド「トーワ」、フィンペシア、エフペシア等)、またロゲインのジェネリック(カークランド、ポラリス等)も登場し、よりお求めやすい価格でAGA治療が開始することが出来ます。

さてそんなミノキシジルですが、インターネット上では「ミノキシジルは耐性が付き、長期服用で効かない、効かなくなる」等といった口コミが散見されます。
果たして「ミノキシジルの服用を継続して耐性が付き効果なし」といったことは考えられるのでしょうか。

薬理学における耐性とは

薬理学における耐性とは医薬品の長期、或いは反復しての投与で、投与されたヒト、または動物がその医薬品の薬効成分に対する抵抗力を獲得することで本来の効力が低下してしまう事を指します。
この薬剤に対する耐性は主に組織耐性(機能耐性)と代謝耐性の2種類に分けられます。

組織耐性

組織耐性とは薬剤の長期、反復投与においてその有効成分が作用する受容体数が減少し、作用点に組織レベルでの変化が生じ薬剤が効きにくくなります。

代謝耐性

代謝耐性とは肝臓等で有効成分を分解する酵素の産生が誘導され、体内における有効成分の血中濃度が投与後に速やかに減少してしまい効果が出なくなります。

いくつかの薬剤には臨床試験の結果、耐性が付くものが確認され、継続投与で耐性が付いてしまった場合は別の薬剤で治療していくことが基本です。

ではミノキシジルは果たして耐性が付いてしまうのでしょうか?

ミノキシジルと耐性

結論から申しますとミノキシジルの継続服用で耐性が付くといったことは臨床試験のデータでも確認されず、起こらないものと考えられます。

ではなぜ「ミノキシジルは耐性が付く」といった情報が独り歩きしているのでしょうか。
この勘違いの原因はいくつか考えられ、一つはヘアサイクルが関係しているものと考えられます。
人間の髪の毛は「成長期」、「退行期」、「休止期」といった3つの期間を繰り返しています。これがヘアサイクル、或いは毛周期と呼ばれるものです。
このヘアサイクルのうちの「退行期」と「休止期」は髪の毛の成長が止まり抜けていく時期に当たり、この脱毛はAGAではない方、またミノキシジルやフィナステリドを使用しているAGA治療中の方関係なくある程度の髪の毛が抜けていきます。
おそらくミノキシジルの耐性とはこの「退行期」、「休止期」の自然な脱毛を見て「ミノキシジルの効果がなくなった」と勘違いした方によるものと思われます。

またミノキシジルの継続使用で毛量が増加していった方の中には、「途中から毛量の増加が止まった」と感じ、これも「ミノキシジルは耐性が付く」といった勘違いに繋がっているものと考えられます。
ミノキシジルはあくまで毛母細胞を活性化させ発毛を促す成分で、毛母細胞そのものを増やすといった効果はありません。
使用することで無限に髪の毛が生えてくるという訳ではありませんので、発毛効果は次第に目に見えてはなくなります。
しかしこれはミノキシジルの効果がなくなったわけではなく「効果が継続し、維持している」期間と捉えられ、使用を中止するとまた脱毛が起きる可能性があります。

くれぐれもご自身の判断でミノキシジルの使用を中止せずに、医療機関を受診し専門のドクターと相談するようにしましょう。

1-87

ミノキシジルで効果が感じられない方には

ミノキシジルは血流を改善させ発毛を促す作用からAGA治療薬として人気ですが、作用機序として脱毛を防ぐ効果はあまり得意ではありません。
AGAにおける脱毛は悪性の男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)により引き起こされるので、これを抑制する作用があるフィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)といった薬剤との併用がAGA治療として有効です。

またミノキシジルはあくまで血流改善効果で毛母細胞に発毛に必要な栄養素を行きわたらせるといった作用機序を持つので、併せて髪の毛の原料となる成分もサプリメントや食事で同時に摂取するようにしましょう。
髪の毛の構成に必要な栄養素としてはタンパク質や亜鉛、ビタミンBが広く知られています。

ミノキシジル単剤で思うような効果が実感できなかった方はこれらの薬剤や栄養素との併用も考えましょう。

記事監修

2008年
久留米大学医学部医学科卒業
2008年~
福岡大学病院にて卒後臨床研修後、同大学医学部形成外科に入局 (2017年3月退局)
2011年
山口県済生会下関総合病院形成外科
2012年
新小文字病院形成外科
2013年
福岡大学大学院生体制御系専攻入学(2017年3月修了)
2014年~
正樹会佐田整形外科病院形成外科
2016年
九州中央病院形成外科
2017年4月
ユナイテッドクリニック福岡博多院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト