コラム

コラム

スーグラでダイエット

糖尿病に適応のあるお薬として、「スーグラ」というものがあります。これはダイエット中の方が服用することで、ある程度の減量効果が見込めることがわかっています。スーグラとはどのようなお薬なのか、糖尿病にどのように働きかけるお薬なのか、お話していきます。

糖尿病とは

厚生労働省が3年ごとに公表している、全国の医療施設を利用している患者を対象に受診の内容を調査した「患者調査」というものがあります。こちらの調査によると糖尿病の患者数は、1999年に211万5千人、2002年に228万4千人、2005年に246万9千人、2008年に237万1千人、2011年に270万人、そして直近の2014年には316万6千人と推計されています。2008年頃まではほとんど横ばいでしたが、2011年にその3年前から約40万人増加し、その後の2014年にも46万人の増加となっており、右肩上がりになっています。

糖尿病人口の増加は日本だけではなく、グローバリズムで広がった食の欧米化によって、中国を中心としたアジア圏でも起こっています。国際糖尿病連合(IDF=International Diabates Federation)によると、2015年の段階で糖尿病の世界人口が4億1500万人に上るとしており、2040年までに6億4200万人に増加すると予測しています。日本だけでなく世界的な問題となっている病気です。

1-79

どんな病気?

では糖尿病とは、いったいどのような病気なのでしょうか。

食事などによって体に取り入れられた糖分は、エネルギーとして血液内に取り込まれます。これが「血糖」です。この血糖をエネルギーとして、体の各所で使うには「インスリン」というホルモンの作用が必要になります。インスリンには血糖を細胞に取り込む働きがあり、これによって細胞にエネルギーが供給されます。

糖尿病は、このインスリンの量が少ない、働きが十分でないために血糖が増えすぎてしまう状態のことを指します。「糖尿病」の由来でもある、糖分の多い尿が出るというのはこの血糖が増えすぎているため起こってしまうのです。糖尿病自体は、慢性的な高血糖状態を指しますが、それによってさまざまな疾患が引きこされることがわかっています。

何が原因?

糖尿病にはⅠ型・Ⅱ型の二つがあります。Ⅰ型の糖尿病の方は、インスリンを分泌する「ランゲルハンス島」という肝臓に位置する細胞郡の「β細胞」というものが壊されてしまっているために、まったくインスリンを分泌することができない糖尿病です。一方のⅡ型の糖尿病は、遺伝的に発症しやすい方が、生活習慣の乱れなどによってインスリンの量が減ったり、働きが十分でなくなってしまう糖尿病です。多くの方がⅡ型糖尿病であるとされていますが、原因は人によって様々で一概に本人の生活習慣のみを挙げることはできません。

一般的には高血糖の食事が日常的に続いてしまっていると、インスリンの働きが十分でなくなる原因となってしまいます。また運動不足で血糖の分解を促されなくなってしまうと、高血糖の状態になってしまいます。食生活への注意だけでなく、日常的な運動も心がける必要があります。

スーグラとは

スーグラは、アステラス製薬から発売されているⅡ型糖尿病に適応のある「SGLT2(Sodium – Glucose Co Transporter2=ナトリウムグルコース共輸送体2)阻害剤」です。成分名が「イプラグリフロジン」で、25mg、50mgの2種類の錠剤があります。SGLTとは、体のさまざま箇所にあり、糖分を細胞に取り込む働きをする物質です。その中でも「SGLT2」は腎臓付近にあり、尿として体の外へ排出されるものの中からエネルギーを再吸収する働きがあります。その働きを阻害することで、糖を体の外へ出しやすくし、血糖値を下げることができるのがこの「SGLT2阻害剤」です。スーグラはSGLT2阻害剤としては日本で初めての薬剤です。2014年4月17日に販売が開始されたまだ新しい薬で、これからの普及が見込まれています。

スーグラの効果

前述の通り、スーグラは糖分の再吸収を抑制することで、尿と一緒に糖分を身体の外に出すことができます。そもそも糖分は中世脂肪の原料となる物質ですので、血糖が増えすぎた状態は脂肪の状態で体に蓄えられてしまう可能性が高くなってしまいます。スーグラを服用することで、そのリスクを下げることが出来ることから、服用で減量の効果も見込めるのです。

ダイエットの基本は、体に取り入れる量を減らす、もしくは出す量・消費する量を増やすことの二つです。人は一度食事の量が増えてしまうと、胃がその量に合わせて大きくなってしまいますので、少量では満腹感を得られなくなってしまいます。そのために1度の食事量が増えてしまい、結果的に食べ過ぎてしまうのです。少量で満腹感を得るには、「よく噛む」、「生野菜を多めに摂ったあと炭水化物を摂る」などといった方法がありますが、なかなか継続して実践していくことが難しく、そういった食習慣の見直しと合わせてスーグラの服用をお勧めしています。

スーグラの減量の効果は、本来の適応とはことなりますのであくまでも「副作用」という扱いになっています。日本国内で行ったスーグラの臨床試験によると、服用開始後4週目以降におおむね1~2kg前後の体重減少が認められたとしています。

1-75

スーグラの服用方法

服用方法としては、朝食の前後に1日1回1錠飲んでください。血糖値を下げるお薬ですので、場合によっては「低血糖」といって、エネルギー不足の状態になってしまう可能性があります。激しい運動をした後やアルコールを飲むときなどは、服用を避けるようにしてください。

また、トイレが近くなる「利尿作用」起こることがあります。脱水症状を引き起こさないよう、特に夏場の服用の際にはこまめな水分補給を心がけてください。

記事監修

平成16年
秋田大学医学部医学科卒業
平成16年
上尾中央総合病院
平成26年
ユナイテッドクリニック池袋院
平成27年
ユナイテッドクリニック上野院
平成29年
ユナイテッドクリニック大宮院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト