コラム

コラム

プロペシア処方

プロペシアはアメリカに本社をもつ世界的な製薬企業、メルク・アンド・カンパニーが製造開発したAGA治療薬です。成分名をフィナステリドといいます。プロペシアは元々前立腺肥大症治療薬として使われていたプロスカーの成分フィナステリドがAGA治療に効果があることが分かり、研究が進んだ結果プロペシアとして生まれました。そのため、日本の厚労省に該当するアメリカのFDA(米国食品医薬品局)ではフィナステリドは前立腺肥大症治療薬、AGA治療薬2つの認可を受けています。前立腺肥大症治療薬の場合はフィナステリド5mg錠になり、AGA治療薬の場合はフィナステリド1mg錠になります。日本では2005年に承認され、メルク社の日本法人であるMSD社より販売されています。

メルク・アンド・カンパニー

アメリカを本拠とし、世界140ヶ国以上で事業を展開している世界的に巨大な製薬企業です。1990年代までは医薬品業で売上高世界1位をキープし続け、ファイザーやグラクソ・スミスクラインの台頭があったものの2009年にもファイザーに次ぐ売り上げ規模を誇っています。ドイツにも同じメルクという名前の製薬会社があるためアメリカにあるこちらのメルク社はアメリカ以外の地域ではMSDという名称になっています。米メルク社の日本での事業は、1954年に万有製薬と合弁で日本メルク万有株式会社を設立したことから始まり、現在では万有製薬を子会社化し、2010年に事業統合でMSD株式会社が生まれ、日本法人となっています。

DSCN0575

プロペシア(フィナステリド)の効果

プロペシアは5α還元酵素阻害剤に分類されています。つまり、主成分ィナステリドが5α還元酵素の働きを阻害する薬剤です。5α還元酵素は、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」を作る原因となる酵素です。男性にとってなくてはならないテストステロンという男性らしさや行動力の源となる男性ホルモンが、5α還元酵素の作用によりジヒドロテストステロンへと変換されます。このDHTはAGAの原因となる男性ホルモンで、通常2~6年ほどある髪の毛の寿命・ヘアサイクルを壊し、1年に満たないヘアサイクルにしてしまう作用があります。プロペシアの成分のフィナステリドは、そのDHTを作ってしまう原因である5α還元酵素の働きを抑えることでDHTを減少させます。

AGA治療においてこの効果はとても評価されており、世界で初めての飲むAGA治療薬として認可されました。また、日本国内でも同じくその効果は認められており、厚労省から認可を受けただけでなく2010年に日本皮膚科学会から発表されたAGA治療における診療ガイドラインにおいて、プロペシアの成分であるフィナステリドはAGAに対し強く行うよう勧められるという位置づけの最高ランクであるAランクに制定されています。これはプロペシア(フィナステリド)がAGA治療の標準であることを示しています。それほどプロペシア(フィナステリド)はAGAにおいて大きな存在なのです。

プロペシア(フィナステリド)の副作用

プロペシアの副作用は、臨床試験時に4.0%認めらています。主な症状はリビドー減退が1.1%、勃起機能不全が0.7%となっています。使用成績調査においては0.5%報告されており、リビドー減退が0.2%、肝機能障害が0.2%となっており、安全性の高さが伺える結果となっています。

その他、注意として成分であるフィナステリドにアレルギー反応を起こしたことのある方、妊婦・妊娠している可能性のある女性・授乳中の女性は服用できません。子供に関しても安全性や有効性が確立されておりません。肝機能に障害をお持ちの方も注意が必要です。服用中に気になる症状がある場合はすぐに医師に相談してください。

プロペシア処方

プロペシアはAGA治療を専門としているクリニックから処方を受けることが出来ます。当院でもプロペシアの取り扱いがございます。AGA治療は根気よく継続して行う必要があり、プロペシアの添付文書にも効果が現れるのはおよそ6か月後からという記載があります。飲み方は1日1回1錠を水で服用すれば問題ありません。1mgが1日の極量となっています。服用の際は、時間を決めて自身の忘れにくいタイミングで服用することを心がけましょう。飲み忘れにより効果が低下してしまってはせっかくのAGA治療が無駄になってしまいます。飲み忘れには十分な注意を払いましょう。なお、プロペシアには0.2mg錠と1mg錠がありますが、基本的に1mg錠で服用します。当院でも取り扱っているのは1mg錠のみになります。

プロペシア(フィナステリド)はヘアサイクルを壊し抜け毛の原因となるDHTの産生を抑制するため、抜け毛を防ぐ効果のある「守り」の治療と言われます。これに対し、ミノキシジルという成分が「攻め」の治療と言われています。これはミノキシジルに発毛効果が認められているためで、日本皮膚科学会のAGA治療ガイドライン上でこのミノキシジルも最高ランクのAランクに制定されており、守りのフィナステリド・攻めのミノキシジルの併用がAGA治療のスタンダードと提唱されています。

現在ではプロペシアの特許が切れ、プロペシアジェネリックが国内でも販売されています。ジェネリックは先発品(今回であればプロペシア)と同等の効果・効能をもち、安全性や有効性の試験をクリアしてジェネリックとして販売されます。つまり、ジェネリックはジェネリックとして正規の薬剤です。決してジェネリックは偽物という意味ではありませんのでご安心ください。日本も国をあげてジェネリックの使用を推奨しています。効果が変わらず低価格になるジェネリック医薬品は患者様にとって大きな力となってくれるでしょう。

26

記事監修

平成元年
埼玉医科大学医学部卒業
平成元年
東京医科大学付属病院
平成5年
牧田中医クリニック
平成8年
西熊谷病院
平成29年
ユナイテッドクリニック上野院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト