コラム

コラム

アボルブ処方

アボルブとは

アボルブは、日本では2009年に承認されグラクソ・スミスクライン(GSK)より販売開始されたカプセル状の前立腺肥大症治療薬です。5α還元酵素阻害剤に分類され、成分名をデュタステリドといいます。前立腺肥大症治療薬として、5α還元酵素の働きを抑制する効果があります。アボルブを製造・販売しているグラクソ・スミスクラインはイギリスに本社をおく、2009年は世界6位、2012~2014年は世界4位の売上と規模をもつ大きな製薬企業です。

アボルブの服用方法は、1日1回1錠を水で飲みます。食事の影響も特に受けないため、いつでも大丈夫なのですが、時間を決めて服用した方が血中濃度も安定し薬剤の効果が出やすいといわれます。カプセルの内容物が口腔咽頭粘膜を刺激する場合があるため、溶かしてから服用したり、噛んで服用したりしないように注意が必要です

DSCN0648

前立腺肥大症とAGA治療

アボルブは前立腺肥大症の薬剤なのですが、なぜ前立腺肥大の薬剤がAGA治療と関係があるのでしょうか?前立腺肥大症は頻尿や畜尿など尿道が前立腺肥大により圧迫されることで症状を訴えます。前立腺肥大症の原因の一つに男性ホルモンの影響があります。特にジヒドロテストステロンが関係しているといわれており、加齢や生活習慣病が原因でジヒドロテストステロンが産生されることで症状を呈することが指摘されています。

一方で男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)はAGAの原因でもあります。DHTは自然に存在せず、テストステロンという決断力や判断力、男性らしさや生殖機能の元になる男性ホルモンが髪の毛の毛根に存在する5α還元酵素(5αリダクターゼ)と反応することでDHTに変換され作られます。テストステロンは大事なホルモンなので治療しようとすると副作用も大きいため、毛根に存在する5α還元酵素を抑えるほうが身体の負担も少なく、治療効果も高いことが判明しました。アボルブはこの男性ホルモンをDHTに変換してしまう5α還元酵素の働きを抑えることでDHTの産生を抑制するため、前立腺肥大症、AGA治療の両方に効果があります。

AGAの原因

AGAは成人男性に見られる薄毛のことで、生え際や頭頂部又はその両方から薄くなりM字型やO字型の薄毛になる症状をいいます。このAGAの原因はいろいろあるのですが、大きく分けて3つあり、遺伝・男性ホルモンの影響・頭皮環境の3つになります。遺伝は治せませんが脱毛の原因となるのは男性ホルモンは治療可能です。脱毛男性ホルモンのDHTが、髪の毛にとっても悪影響をもたらします。通常、髪の毛は生えてから抜けるまでヘアサイクルといって2~6年ほどの期間がありますが、DHTの作用でそれが3ヵ月~1年未満にまで短縮されます。髪の毛が生えてから成長し切らずに抜けてしまうため、AGAになると髪の毛1本1本が細く、頭髪が薄くなっていくのです。AGAは進行性で一度DHTが生成されると、DHTがヘアサイクルを乱すだけでなく、これ以上髪の毛を作るな!という間違った指令を出してしまうため注意が必要です。

AGAとアボルブ(デュタステリド)

AGAの原因と前立腺肥大症の原因はリンクすることがお分かりいただけたかと思います。実は、アボルブは保険の適用外(自由診療)ながらAGA治療薬としてもすでに使われており、その効果を実感している方がいました。また、AGA治療薬として著名なプロペシア(フィナステリド)よりも効果が高いことが分かっており、ついに2015年9月にアボルブの成分であるデュタステリドがAGA治療薬として厚生労働省に認可されたのです。

AGAにおいてアボルブは強力な効果を発揮します。プロペシア(フィナステリド)よりも強力に5α還元酵素の働きを阻害します。フィナステリドは5α還元酵素のⅡ型のみを阻害する作用があります。それに対し、デュタステリドは5α還元酵素のⅠ型とⅡ型の双方を阻害するのです。フィナステリドと比較すると、デュタステリドは1.6倍ほどの効果があります。またアボルブ服用後、血清中のDHT濃度が2週間で87.5%減少し、逆にテストステロンは2週間で14.5%上昇しているという結果が出ています。長期処方、長期服用に関してもデュタステリドは試験されており、52週経過時も変わらず効果が続くことが分かっています。

アボルブの副作用

アボルブの国内臨床試験において、副作用は10.9%報告されています。主なものは勃起不全3.2%、リビドー減退1.7%、乳房障害1.5%となっています。また、重大な副作用として肝機能障害が1.5%報告されています。ほとんどみられることはありませんが、気になる症状のある方は医師に相談しましょう。

また、デュタステリドや5α還元酵素阻害剤にアレルギーが出たことのある方、女性や子供、重度の肝機能障害をお持ちの方は服用できません。特に女性・妊婦、子供は成分に触れないように注意が必要です。服用だけでなく薬剤に触れることもないようにしましょう。結婚している方、お子さんのいる方は薬剤の管理に注意が必要です。

アボルブをはじめデュタステリド製剤の服用中、前立腺癌の血清前立腺特異抗原(PSA)値の測定することがあるときは、必ず医師に服用中であることと服用している期間を伝えてください。服用中から服用中止後6ヵ月経過するまで献血できませんので注意してください。

1-3

アボルブ処方

ユナイテッドクリニックではアボルブをAGA治療薬(自由診療)として処方しています。デュタステリドが厚生労働省に承認される以前から取り扱っておりましたので現在でも取り扱いを続けており、効果を実感している方がいらっしゃいます。

アボルブはAGA治療薬のロゲイン・リアップに代表されるミノキシジル製剤との併用が可能です。ミノキシジルは発毛効果が唯一認められており、AGA治療に必須の成分といえます。アボルブ(デュタステリド)で抜け毛を防ぎ、ミノキシジルで発毛させることが標準的な治療と言えます。アボルブはあくまで抜け毛、薄毛の原因を防ぐ薬剤ですから、髪の毛を生やす効果はありません。それはミノキシジルの役目になります。ミノキシジルはリアップのような外用剤だけでなく効果の高い内服薬もありますから、より効果を高めたい方はミノキシジルの内服薬と外用剤、そしてアボルブ(デュタステリド)の併用をしましょう。

記事監修

平成元年
埼玉医科大学医学部卒業
平成元年
東京医科大学付属病院
平成5年
牧田中医クリニック
平成8年
西熊谷病院
平成29年
ユナイテッドクリニック上野院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト