コラム

コラム

AGA治療とは

最近ではCMやチラシなどの広告で、AGA治療というものが浸透してきています。

男性の方なら気になって一度は調べた事があるかと思いますが、正しいAGA治療というものを理解している方は非常に少ないです。

どういった治療が一番効果的なのか、どのぐらい費用がかかるのか、副作用等はないのか等、気になる事がいくつかあるかと思います。

インターネット等の口コミは間違った情報が多いので、AGA専門クリニックのコラムなどで正しい知識をつけた上で、正しい治療を行うようにしましょう。

今回はAGA治療とは具体的にどういった治療なのか、お話しさせていただきます。

日本皮膚科学会推奨の治療方法

1-7

薄毛に悩まれている方への対処法として、内服薬や育毛剤、植毛、カツラなど様々な対処法がありますが、何を選ぶべきなのか分からない方が多いかと思います。

なかには薄毛が改善すると販売しているにも関わらず、医学的な根拠のない育毛剤などが出回っているのが現実です。

そうした中、2010年の4月に日本皮膚科学会が、科学的根拠に基づいた「男性型脱毛症診療ガイドライン」というものを発表しました。

この発表されたガイドラインは、現在ある治療法や治療薬を5段階で評価しています。

育毛を掲げ不安をあおうようなヘアサロンの行き過ぎた行為であったり、薄毛に焦りを感じ人工植毛をしてしまい、取り返しのつかない事になってしまうようなトラブルの増加のため、以下ようなガイドラインが発表されました。

男性型脱毛診療ガイドライン

・推奨度の分類(A:強く勧められる、B:勧められる、C1:十分な根拠はない、C2:勧められない、D:行うべきではない)

【A】 ミノキシジル(リアップ) フィステリナド(プロペシアなど)
【B】 自毛植毛 (推定:グロースファクター再生療法)
【C1】 塩化カリプロニウム(カロヤン) t-フラバノン(サクセス) サイトプリン(薬用毛髪力)

アデノシン(薬用アデノゲン) ケトコナゾール(ニゾラール)

【C2】 セファランチン(薬用CROW)
【D】 人工植毛

薄毛を一番早く治す治療法として植毛というイメージを持っている方がいるかもしれませんが、人工植毛は日本皮膚科学会から行うべきではない治療として、Dの分類に分けられています。

植毛の費用は高額で数十万、数百万かかったりする場合もありますが、手術後のトラブルが非常に多く報告されています。

手術で本来あるべきではない毛を植えるため、体が拒否してしまい、頭皮全体に炎症などのトラブルが起きてしまっています。

そういったトラブルが多いために発表されたガイドラインになりますので、早まって人工植毛等は絶対にしないようにしましょう。

AGA治療ガイドライン推奨度Aのミノキシジル(Minoxidil)とフィナステリド(Finasteride)とは

日本皮膚科学会が発表したガイドラインの、推奨度の高い正しい治療方法で改善していくのが、一番効果的ですが、なぜこのミノキシジルとフィナステリドがここまで推奨されているのか、どういったものなのか説明させていただきます。

ミノキシジル(Minoxidil)

ミノキシジル(Minoxidil)とはCMなどで聞いた事があるかもしれませんが、大正製薬から発売されている発毛剤、リアップの配合成分になります。

ミノキシジルが以前のものより多く配合された、リアップX5というものも発売して、人気の高い発毛剤になります。

しかしミノキシジルは外用薬よりも内服薬の方が効果的で、ミノキシジルは積極的に発毛をしていく薬になります。

ミノキシジルには初期脱毛と言われる副作用が起きるケースが多いですが、これはヘアサイクルに関係していています。抜けるはずだった毛が抜けおち、次に備えて太くてコシのある強い毛が生えてくるために起きる現象なので、効果が出てきている証拠と考えて問題ありません。

この初期脱毛で不安になって服用をやめてしまう方がいますが、途中でやめてしまっては、また細い髪の毛が生えてくるだけなので、改善には繋がりません。

もし初期脱毛が気になり、数カ月してもおさまらないという場合は、医師にご相談下さい。

フィナステリド(Finasteride)

フィナステリドとはプロペシアの成分名になります。プロペシアの人気は高く、現在では全く同じ成分のジェネリックも数多く発売されています。フィナステリドの持つ働きとは、5α還元酵素を阻害する薬になります。

男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5α還元酵素と結合する事によって、悪性の男性ホルモンのジヒドロテストステロンというものに変換されてしまいます。

このジヒドロテストステロンというものは、髪の毛を細くしてしまい、抜けやすくしてしまいます。

フィナステリドはテストステロンと5α還元酵素が結合する事を阻止し、ジヒドロテストステロンに変換されないようにする薬なので、脱毛を食い止める事が出来ます。

なのでフィナステリドはミノキシジルの積極的に発毛をしていく薬とは違い、現状維持を重視した薬になります。

現状維持する事で髪の毛が育ち太く成長していき、ミノキシジルで生やした髪の毛をしっかり育てていく事が出来るので、フィナステリドとミノキシジルを併用することにより、育毛発毛効果はより高いものになります。

1-18

AGA治療の経過写真

AGA治療を行っていくあたって経過写真というものは非常に重要な資料になります。AGA治療は劇的に変わるものではなく、少しずつ変わっていくものなので、自分自身でも変化に気付きにくいものです。

実際は改善の兆しが見えてきているのに、あまり変わっていないと自分で思ってしまい、服用を中止してしまうという方も多いです。

自分自身の変化を客観的に見るためにも、経過写真を定期的に撮影した方がいいでしょう。

当院では「AGA ドクターズカクテル」という医師が患者様に頭皮の状態に合わせて最善の薬を調合したものを処方する、人気の高いAGA治療があります。

こちらは経過写真を撮らさせていただきモニターにご参加頂ける事によって、価格を大幅に下げて処方させていただきます。

経過写真を医師と見ながら相談していく事で、薄毛の改善を実感する事が出来るので非常に人気が高いです。

通販・個人輸入による偽物にご注意下さい

AGA治療薬は効果を実感するまでに半年ほど時間がかかります。

そこにつけこみ、中身を入れ替えた有効成分が全く入っていないものを、インターネットで販売するような悪徳業者が数多く存在しています。

インターネットで購入したものを服用していたら、頭皮の異常等の副作用が出てしまったという報告も多数あります。

長く服用する薬なので、きちんとした医療機関で安心して服用出来るものを処方してもらうようにしましょう。

記事監修

2008年
久留米大学医学部医学科卒業
2008年~
福岡大学病院にて卒後臨床研修後、同大学医学部形成外科に入局 (2017年3月退局)
2011年
山口県済生会下関総合病院形成外科
2012年
新小文字病院形成外科
2013年
福岡大学大学院生体制御系専攻入学(2017年3月修了)
2014年~
正樹会佐田整形外科病院形成外科
2016年
九州中央病院形成外科
2017年4月
ユナイテッドクリニック福岡博多院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト