コラム

コラム

EDとうつ病

EDとは勃起不全の事を言います。現在国内の成人男性の3人に一人がED(勃起不全)の問題を抱えているというデータもあります。
このEDになる原因は様々であり、その原因ごとに対処していくのが必要となります。
今回はEDとうつ病の関係性についてお話ししたいと思います。

うつ病によるED(勃起不全)

1-64

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病、英語: Clinical Depression)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、活力低下、不眠、持続する悲しみ・不安などを特徴とした精神障害です。

最近では仕事のストレスなどで二十代から四十代と、うつ病になってしまう方は年齢問わず多くなっています。
うつ病になってしまうと性欲も減退してしまいますので、うつ病の方がEDで悩まれているケースは珍しい事ではありません。

薬剤性ED

うつ病の方がうつ病を治療しようと、抗うつ剤などを服用して治療する場合がありますが、実はこの抗うつ剤が原因でEDになる事もあります。
現在抗うつ剤としてSSRI や SNRI といった抗うつ剤が広く使用されています。

抗うつ剤は気持ちが落ちてしまう原因となるセロトニンを再取り込みする、セロトニントランスポーターの働きを阻害する作用があります。
セロトニン・ノルアドレナリンの再取り込みを防ぐ事で、脳内シナプスの隙間のセロトニン・ノルアドレナリン濃度が高くなり、神経の伝達がよくなって精神が安定し落ち着きます。

しかしその結果、男性器の勃起力などを低下させたり、射精をしづらくさせる副作用が出てきてしまいます。
抗うつ薬・向精神薬の中には、添付文書にも副作用としてED(勃起不全)があることが明記されていないことがあります。

そのため、精神科又は心療内科にて処方を受ける際に、薬の副作用として ED があることを主治医から伝えてもらっていないケースも少なくありません。
そういった副作用がある事を伝えられていない場合、自分がなぜ勃起しなくなってしまったのか分からず、自分一人で悩みを抱えてしまい、薬剤性EDから心因性EDと症状を悪化させてしまう事があります。

しかし副作用としてEDになってしまうからといってうつ病の薬を自分の判断で服用中止した場合、うつ病が悪化してしまう事があるので、経過を見つつ主治医と相談するようにしましょう。
またED治療薬は抗うつ剤との併用は問題ないので、抗うつ剤でうつ病を治療しながらEDを治療していくことも可能です。

うつ病を治療中で、服用中の薬が原因でED(勃起不全)となってしまっている方が、ED治療薬を処方してもらいたいという方は非常に多いです。
しかしうつ病を治療中の主治医に、EDの事を話さない方が多いです。

逆にED治療専門クリニックでうつ病治療中だと言う事を話さない方も多いです。
うつ病の方が併用禁忌のED薬はありませんが、早漏治療薬などは併用禁忌薬があります。
最善の治療をするためにも、何か病気を治療中の場合などはしっかりと医師に伝えるようにしましょう。

男性更年期障とうつ病とED(勃起不全)

男性ホルモンのテストステロンが減少してしまうと男性更年期障害(LOH症候群)となってしまいます。
男性更年期障害はストレスや疲れなどから体内のテストステロンが減少し、40代を超えると発症しやすいというデータがあり、うつ病やED(勃起不全)といった症状も出てきます。
男性更年期障害によるうつ病、ED(勃起不全)はテストステロンの減少を防ぐ事で改善する事が出来ます。

テストステロンの減少を防ぐには亜鉛とビタミンBをしっかりと摂取する事がいいでしょう。
亜鉛はテストステロンの減少を抑制する効果があるので、ED治療にもAGA治療にも必要不可欠な栄養になります。
その亜鉛の吸収率を高めてくれるのがビタミンBですので、亜鉛とビタミンBをサプリメント等で毎日摂取する事が大切です。
男性更年期障害が発症し、うつ病やED(勃起不全)といった問題をいくつも抱えてしまうと、治療していくのに費用も時間もかかってしまうので、毎日の栄養摂取でしっかりと予防するようにしましょう。

通販・個人輸入による偽物にご注意下さい

1-9

うつ病が発症してしまうと、何事も誰にも言わずに自分一人で解決しようとしてしまう傾向があり、薬などもインターネットの通販や個人輸入で購入し、自分一人で治療してしまおうとする方がいます。
しかし通販・個人輸入で購入出来る薬は、有効成分が全く入っていないものが手元に届く場合があります。
自分一人で治療しようとした場合に、曖昧な知識で薬をインターネットで購入し服用するも、有効成分が全く入っていないものを服用し、全く改善せずに心因性EDなどが余計に悪化してしまう事もあります。
医療機関で扱っている薬はそういった問題は全くないので、EDを治療する場合は、必ず医療機関で医師と相談した上で安全な薬を処方してもらうようにしましょう。

記事監修

平成16年
秋田大学医学部医学科卒業
平成16年
上尾中央総合病院
平成26年
ユナイテッドクリニック池袋院
平成27年
ユナイテッドクリニック上野院
平成29年
ユナイテッドクリニック大宮院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト