コラム

コラム

EDと糖尿病

ED(イーディー)とは、いんぽ、いんぽてんす、勃起障害、勃起不全を表す言葉で、男性の尊厳に関わる事象であり精神的なダメージの大きい症状であることが知られています。EDの原因としては大きく分けて心因性、器質性、薬剤性に分けられます。

心因性ED

心因性EDはストレスやトラウマなど心身によるもの、コンプレックスなどの身体によるもの、パートナーとの不和や、より深い深層心理が要因となることもあります。

薬剤性ED

薬剤性EDは服用している薬剤の副作用で起こるものです。例えばうつ病の薬剤の副作用で性欲減退、勃起障害などがあります。

器質性ED

これに対して器質性のEDとは病気や何らかの身体的な問題が発生している場合に起こる勃起不全です。加齢による身体的機能の衰えもその一つであり、高齢になれば必然的に勃起障害を招くことが多いです。この他の原因としては高血圧、動脈硬化、神経障害、外傷なども大きな要素ですが、最大のEDの原因は糖尿病にあります。一説によると健常者に比べて糖尿病患者がEDに陥るリスクは203倍以上であるともされます。また、糖尿病患者におけるED患者数の割合は年齢を追うごとに高くなり、50代においては半数以上がED症状を自覚するともいわれています。

糖尿病でEDになった、糖尿病とEDの関係とは、糖尿病のEDを改善するには、糖尿病ED治療薬とは、糖尿病EDは治るのか、など今回はEDと糖尿病についてお話していきましょう。

勃起と糖尿病

1-72

そもそも勃起とは性的刺激によって陰茎内の海綿体に血液が溜まって起こる生理現象です。糖尿病に罹患すると常に血管に負荷をかけ、さらに動脈の硬化を引き起こします。糖尿病にさらされている血流は滞りがちで勃起のメカニズムの直接的要因を阻害してしまいます。さらには海綿体の神経そのものにダメージを与えてEDを促進してしまう可能性もあります。糖尿病をはじめとする生活習慣病は運動不足や偏食といった目に見えて改善の余地がある習慣がありますので、生活習慣の見直しが自身の健康だけでなくED改善にもなります。

糖尿病で高血糖が続くと血管障害で血液の流れが悪くなったり、神経障害が起こることはよく知られていますが、勃起障害の原因もこの二つとの関連が大きいと考えられます。陰茎内部には海綿体というスポンジ状の組織があり、海綿体は性的刺激を受けると自律神経の働きで内部の動脈が拡がり、多量の血液が送り込まれてスポンジが膨らむように膨張が始まります。同時に海綿体出口の静脈が海綿体の膨張により血液が流れにくくなり、血液が溜め込まれて膨張を維持します。これが勃起という状態です。

糖尿病で血管障害や神経障害があるとこの一連の現象がスムーズにいかず、そのため全く勃起しない、勃起しても硬さが十分でない、勃起が長く続かない、などの症状が現れます。糖尿病が悪化すると脳と勃起中枢の神経伝達に障害がおき、勃起に必要な神経伝達物質の一酸化炭素(NO)の阻害もおこります。糖尿病は緩やかに進行しますので気づきにくいことも症状を悪くする一因となります。健常な男性でも高齢になるにつれ血管障害や神経障害が進み、少しづずつ勃起能力が衰えますが、糖尿病では障害のスピードが加速され、勃起機能が低下します。

ED薬と糖尿病

2-78

ED症状で悩む方は食生活や日々の運動など生活習慣を改善すべきですが、時間がかかります。EDの治療はED治療薬が現在では主流となっていますので、生活習慣改善と並行してED薬を使うことが生活の質の改善につながります。ED治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類あり、これらの薬剤はいずれもPDE-5酵素阻害薬といって勃起を助ける効果があります。性的興奮が起こると脳から陰部神経へ興奮が伝わり、cGMPという物質が平滑筋の血管を弛緩させることで勃起がはじまります。cGMPは勃起には欠かせないものです。射精や性的興奮が終了するとcGMPを破壊するPDE-5酵素により勃起が終了します。ED症状の方は勃起を促すcGMPが減少してしまい、PDE-5は通常量出ているため相対的に勃起を終了させるPDE-5が減少してしまい、ED症状が悪化してしまいます。ED治療薬は勃起を終了させるPDE-5酵素を阻害することで勃起しやすい状態を作り出す薬剤ともいえます。
糖尿病の方でもED薬を服用できます。

ED治療薬は糖尿病の方でも服用可能です。糖尿病は、神経障害、動脈硬化、海綿体の機能低下が起こることで腎障害や失明、手足の壊疽など重大な合併症もある疾患です。
糖尿病の方に一番良いとされているED薬はレビトラです。レビトラの製薬会社バイエル薬品による糖尿病患者のレビトラの有用性に関する調査によると、3年にわたり、糖尿病患者(調査開始時のHbA1cが6.5%以上)及び勃起不全を有する患者778例についてレビトラ10mg、20mg、プラセボ(偽薬)を性交1時間前に1回、12週間服用し、有効性と安全性を検討したとあります。服用開始12週後に「挿入は成功した」と答えた患者の比率は投与前が13%台のものが10mgで21.8%、20mgで22.9%と挿入成功した方が有意に増えています。このことからレビトラが糖尿病患者にも有効であるという結果となっています。
糖尿病EDはレビトラだけでなく、バイアグラやシアリスでも改善がみられますので自分自身に合ったED治療薬をみつけることも大切になりますのですべての種類を試すのもいいでしょう。

糖尿病性EDは心因性?

ここまで糖尿病性EDについて説明してきましたが、こういった文章を読むことでストレスがかかっていることもあります。つまり、糖尿病性EDのすべての原因が糖尿病であるとも言い切れないのです。ED症状を訴える患者様を詳しく検査すると勃起機能には問題はなく、心因性EDであることも非常に多いので、糖尿病だからEDとなったという思い込みがストレスとなり心因性EDとなることがあります。糖尿病だからといって思い悩まずに糖尿病治療とED治療を正しく行うことが改善につながります。

糖尿病ED治療はユナイテッドクリニックへ

糖尿病性EDかもしれないけど、ED薬を服用できるのか?といったご質問は電話や診察時によく聞かれます。基本的にED薬はほとんどの糖尿病の方が服用可能です。EDは人に相談しにくい症状のため主治医にも言えない、という声も聞いたことがあります。ユナイテッドクリニックは男性スタッフしかおらず、ED専門外来として知識の豊富な医師が常駐していますので安心してご相談いただけます。また、ED治療薬のネットでの購入は偽物が多く大変危険ですので、しっかりとした流通経路を持つクリニックでの処方を受けましょう。

記事監修

平成16年
秋田大学医学部医学科卒業
平成16年
上尾中央総合病院
平成26年
ユナイテッドクリニック池袋院
平成27年
ユナイテッドクリニック上野院
平成29年
ユナイテッドクリニック大宮院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト