コラム

コラム

シアリス処方

ED(勃起不全)治療、早漏治療専門のユナイテッドクリニックでは、ED治療薬であるバイアグラ(シルデナフィル)をはじめレビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)を処方しております。早漏治療薬は内服薬であるプリリジー、外用薬であるリドスプレーを処方しております。
今回は「シアリス」についてお話していきます。

3-20

シアリスの処方

ED治療薬であるシアリスの大きな特徴としましては、バイアグラやレビトラとは異なり長時間作用型の薬でマイルドに効果を発揮しますので一番自然な勃起に近い点です。シアリスは最長で36時間作用し続けますので、普段の日常でご使用する方も多いですが旅先などでいつ何があるか分からないからとあらかじめ飲んでおく方も多いです。
シアリスは日本イーライリリーが製造・販売しており、2007年9月より国内での販売が開始されました。2013年には世界で一番売れたED治療薬となっており、日本でも東京のみならず大阪や名古屋、仙台、福岡や広島、沖縄などの日本全国の医療機関で処方可能となっております。

シアリスとは

先ほど上記でシアリスは長時間作用型の薬とご説明しましたが、シアリスが長時間にわたり作用するのは薬の構造によるものです。普通、薬剤というものは胃で溶けて体内に吸収されます。その後、肝臓で分解され効果が消えた後体外へ排出されます。シアリスの主成分「タダラフィル」は分子構造がブロック状をしており、肝臓での分解が遅くなる為体内に残りやすくなり長時間作用します。お食事の影響を受けにくい、薬の副作用が少ないというのも薬の主成分が溶けにくくゆっくり効果がでるためです。
シアリスの主成分タダラフィルには勃起を抑制する酵素「PDE-5(ホスホジエステラーゼ5)」を阻害する作用があり、陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量が増えることでペニスが勃起し性行為が正常に行えるようになります。
PDE5はこのとき血管を拡張させる作用をもつ環状グアノシン一リン酸(cGMP)を分解してしまうため、PDE5の働きを阻害すること血管を拡げ勃起を促しているのです。シアリスはあくまで勃起を促す薬であり、服用したからといって性欲を増幅させたり、精液の量を増やすといった効果はございません。

シアリスの服用方法

シアリスに限ったことではありませんが、ED治療薬はその日の体調によっては効果の現れかたにムラが出てしまう場合があります。また体調だけではなく効果の現れ方にも個人差があります。シアリスの20mgを服用することで最長36時間作用し続けますので、3時間~4時間前に服用されることをお勧めします。服用される際はアルコール類はもちろんですが緑茶やジュースなどでの服用も避けてください。緑茶やジュースに含まれているカフェインやカテキンと反応して十分な効果が得られない場合がありますので、水または白湯でご服用下さい。
シアリスはバイアグラやレビトラに比べると一番お食事の影響を受けにくい薬ですが、まったく影響を受けないわけではありません。目安としては800kcalまでであれば食事の影響を受けないとされており、カレーは約780kcal、牛丼は約700kcal、ざる蕎麦は340kcalくらいですのでこちらを参考にしてください。ED治療薬は全般的に空腹時に服用された方が高い効果が期待できますので、出来るだけ空腹時にご服用いただくかお食事された際は2時間程お時間を空けてからの使用をお勧めします。

3-1

タダラフィルの適応症

シアリスの主成分であるタダラフィルには勃起不全症以外にも適応症があり、肺動脈性高血圧症、前立腺肥大に伴う排尿障害という適応症があります。主成分は同じタダラフィルですが適応によって薬剤名に違いがあり、勃起不全症ではシアリス、肺動脈性高血圧症ではアドルシカ、前立腺肥大に伴う排尿障害ではザルティアとして厚生労働省に認可されています。こちらの違いは用量にあり、シアリスは20mgまでを1日1回1錠、アドルシカは40mg(20mgを1日1回2錠)、ザルティアは5mgを1日1回1錠とされています。このようにタダラフィルには3つ適応症があり、用量によって適応症が違ってきます。

シアリスの副作用

主な副作用として報告されているのが頭痛、潮紅、ほてり、消化不良等が挙げられています。ED治療薬には血流改善効果があるため頭痛やほてりといった副作用は出やすいと言えますが、シアリスをご服用されることでまれに背部痛や筋肉系の痛みがでる場合がありますのでご注意ください。何か副作用に関して気になる点や、おかしいな思われる点がありましたら一度使用を中止し、医師にご相談ください。

シアリス使用時の注意事項

シアリスは大変人気なED治療薬ではありますが、薬には併用して使用することのできない併用禁忌薬があり、また使用出来ない方もいるため自己判断でネット通販などで購入されるのはおやめください。以下に該当される方はシアリスをご使用することが出来ません。

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴がある方
・硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の方
・心血管系障害を有するなど性交為が不適当と考えられる方
・不安定狭心症のある方、または性交為中に狭心症を発現したことのある方
・コントロール不良の不整脈、低血圧(血圧〈90/50mmHg〉)またはコントロール不良の高血圧(安静時血圧〉170/100mmHg)のある方
・心筋梗塞の既往歴が最近3ヶ月以内にある方
・脳梗塞、脳出血の既往歴が最近6ヶ月以内にある方
・網膜色素変性症の方
・重度の肝障害の方

このようにシアリスには併用禁忌薬がありご使用できない方もいらっしゃいますので、個人輸入、ネット通販などでの購入はおやめください。
現在服用している薬がある場合は、来院時に薬を持参していただくか、その薬剤名を控えてご来院ください。

記事監修

平成16年
秋田大学医学部医学科卒業
平成16年
上尾中央総合病院
平成26年
ユナイテッドクリニック池袋院
平成27年
ユナイテッドクリニック上野院
平成29年
ユナイテッドクリニック大宮院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト