コラム

コラム

ジェビトラとは

ジェビトラ(Zhewitra)とは、サンライズ・レメディ―ズ(Sunrise Remedies)社が製造販売する、ED治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。
レビトラのジェネリック医薬品になりますので、もちろん成分はレビトラと全く同じバルデナフィルになります。

レビトラのジェネリック医薬品はジェビトラの他にも、サビトラ、バリフ、ブリトラ等がありますが、名前が違うだけで成分は全く同じバルデナフィルとなり、効果効能もレビトラと全く同じものになります。
ジェビトラ(バルデナフィル)は、バイアグラ(シルデナフィル)の改良薬ともいえるED治療薬で、最近ではバイアグラより主流のED治療薬になります。
ジェビトラの人気は非常に高く、口コミなどでも広まり、通販・個人輸入などで購入する方もいらっしゃいますが、インターネットで薬を購入するのは非常に危険です。
ジェビトラは医薬品ですので持病や現在服用中のお薬を医療機関に相談し処方してもらうようにしましょう。

今回はジェビトラの飲み方、効果、副作用等についてお話ししたいと思います。

2-12

バイアグラ(シルデナフィル)を改良したレビトラのジェネリック医薬品「ジェビトラ」

ジェビトラはバイアグラの欠点であった副作用の頻度の高さや食事の影響の受けやすさを改良したED治療薬レビトラのジェネリックという位置づけになります。
バイアグラは世界で一番初めに発売された経口のED治療薬ですが、実は元々はEDで悩まれでいる人のために、ED治療薬を作ろうと研究開発された訳ではありません。
狭心症治療のために血管を拡張させる薬を研究開発したところ、偶然発見されたものなのです。

狭心症治療薬として作られたバイアグラですが、勃起に効果がある事が分かったために、そのままED治療薬として使われるようになったのです。
しかし元々は狭心症患者のために研究開発された薬になりますので、ED治療薬としては、食事の影響を受けやすかったりと、少し使いずらい仕様で、頭痛などの副作用も多く報告されていました。
そこでED治療薬として初めから研究開発し、使いやすく改良しようとし作られたのがレビトラになり、そのレビトラのジェネリック医薬品、同成分のバルデナフィルが主成分の薬がジェビトラになります。
レビトラとジェビトラは同じバルデナフィルという成分になるので、効果効能に違いはありません。

ジェビトラの効果・服用方法

ジェビトラはバイアグラのどういった部分が改良されたのか、お話ししたいと思います。

まずバイアグラと比べて食事の影響を受けにくい=食後の服用でも効果が出るように改良されました。
バイアグラのように食事の影響を受けやすく、少しでも食べ物を食べて服用すると、効果が全く出ないというのは、ED治療薬としては非常に使いずらいかと思います。
いつ食事をしていつ行為に発展するか分からないので、肝心な時に服用しても効果が出ないようでは意味がありません。
ジェビトラの場合はその食事の影響といった部分に関して、バイアグラと比べると食事にもある程度対応出来るようになっているので、その点が使いやすく改良されています。

しかし空腹時に服用した方がより吸収され、効果的なのはバイアグラと同じなので、効果を出来るだけ発揮させたいと言う方は空腹時に服用するようにしましょう。
そしてジェビトラの成分であるバルデナフィルはバイアグラの成分であるシルデナフィルと比較して水に溶けやすいという性質を持っているため身体への吸収が早く、バイアグラと比べると服用してから効果が出始めるまでの時間が、かなり短縮されています。

バイアグラが服用後の効果発現までの時間が30分から1時間だったのに対して、ジェビトラは10分から30分と、即効性のある薬に改良されました。
効果の持続時間もバイアグラが3時間から6時間だったのに対して、ジェビトラは5時間から8時間効果が持続します。
服用方法としましては、性行為の30分前ぐらいに水で服用してください。
効果の持続時間が5時間から8時間ありますので、余裕をもって服用してもよろしいかと思います。

3-11

ジェビトラの一日の極量

ジェビトラはレビトラと全く同じ成分(バルデナフィル)の薬ですが、まだ国内では承認されていない薬になります。ジェビトラは20mg錠、40mg錠、60mg錠、と3つの用量を販売していますが、日本で定められているジェビトラの成分バルデナフィルの一日の極量は20mgまでです。
国が日本人の体格等のことを踏まえて定めた一日の極量になりますので必ず守るようにしましょう。

ジェビトラの副作用

ジェビトラの副作用としては、バイアグラ(シルデナフィル)と比べると頻度は低いですが、血管を拡張させる作用の薬なので、目の充血であったり、顔のほてり、動機など、そのような症状は出る事があります。
しかし血管が拡張されて起こっている症状なので、身体に成分が吸収されて効果が出ている証拠ぐらいと捉えて問題ありません。

ジェビトラの併用禁忌

ジェビトラも他のED薬と同じように、一緒に服用してはいけない併用禁忌薬があります。
狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの治療でニトログリセリンなどの硝酸薬、抗不整脈の治療薬、慢性血栓塞栓性肺高血圧の治療薬、HIV治療薬、内服する水虫などのカビによる感染症の治療薬などが上げられます。
なのでED治療薬を初めて服用しようとする場合は、必ずきちんとした医療機関で、医師に今服用している薬などの情報を伝え、安全な事が分かった上で処方してもらうようにしましょう。
また、ジェビトラは人工透析中の方も服用が出来ません。

ジェビトラの通販・個人輸入による偽物にご注意ください

ジェビトラは人気の高い薬ですが、国内ではまだ承認されていないため、個人で手に入れようと通販・個人輸入などで購入する方がいますが、通販・個人輸入などは箱だけ本物を使っていたり、偽物を扱っている可能性が非常に高いので、安易にインターネットで購入したりしないようにしましょう。
ジェビトラは併用禁忌薬もありますので、ED治療薬を購入される場合は、必ずきちんとした医療機関で医師と相談した上で、自分に合うED治療薬というのを把握した上で、処方してもらうようにしましょう。

記事監修

平成16年
秋田大学医学部医学科卒業
平成16年
上尾中央総合病院
平成26年
ユナイテッドクリニック池袋院
平成27年
ユナイテッドクリニック上野院
平成29年
ユナイテッドクリニック大宮院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト