コラム

コラム

シアリスジェネリック処方

ED治療・早漏治療専門のユナイテッドクリニックではバイアグラ(シルデナフィル)、バイアグラジェネリック、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)といった各種ED治療薬を処方しています。今回は「シアリスジェネリック」について紹介します。

シアリスとは

シアリスジェネリックをご紹介する前に少しシアリスについてご説明いたします。
ED治療薬では一番早く発売されたのはバイアグラ(シルデナフィル)です。発売当初のCMなどの宣伝効果もあり、現在でもED治療薬の中では抜群の知名度を誇っています。バイアグラの知名度は高いのですが、食事の影響を受けやすい事や副作用の出やすさなどのデメリットも併せ持っています。このデメリットを改善した薬剤がED治療薬として2番目に発売されたレビトラ(バルデナフィル)です。レビトラはバイアグラのデメリットを解消し、効果発現時間もバイアグラより早いため、現在ではバイアグラよりも愛用者が多い薬剤です。

シアリス(タダラフィル)はバイアグラやレビトラの後に発売された3番目のED治療薬です。シアリスはバイアグラやレビトラに比べて勃起時の硬さややマイルドになるものの、食事やアルコールの影響を受けにくい事と効果持続時間がとても長いことといった他のED治療薬とは違う大きな特徴のを持っている薬剤です。
食事の影響を受けにくい事と効果持続時間が長いことは、服用のタイミングを気にする必要がないといったメリットとなります。また効果持続時間は極量の20mg錠の服用で30~36時間ととても長く、金曜の夜に服用すれば日曜の朝まで効果が持続する為に海外では別名「ウィークエンドピル」と呼ばれたりもしています。

現在ED治療薬として一般的に処方される薬剤はバイアグラ・レビトラ・シアリスの3種ですが、シアリスは他のED治療薬には無い独特な特徴を持ち合わせているため3番目に発売された薬剤ながら愛用者を急激に増やし続け、シアリスを日本で販売している日本イーライリリー社と日本新薬株式会社は、2013年に他のED治療薬を押しのけ最も売れたED治療薬となったと発表しています。

シアリスの効果・効能

シアリスは勃起不全や中折れなどのED症状に効果を発揮します。効果としてはバイアグラやレビトラ同様に勃起を妨げる酵素「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」の働きを阻害することで勃起を促すというものです。
勃起は性器の海綿体に血液が集まることで硬くなり起ちあがる状態です。
性的刺激や性的興奮を受けることで陰茎内にサイクリックGMP(cGMP)と呼ばれる物質が形成されます。このcGMPは陰茎内海綿体の筋肉を弛緩させる働きをみせ、弛緩することで普段は閉まっている血管が緩みます。緩んだ血管に勢いよく血液が流れ込み陰茎内の圧力が上昇し勃起状態となります。
PDE5は勃起に必要なcGMPを分解してしまう働きをしてしまいます。cGMPが減少してしまうと血管が拡張しきれなくなり海綿体に血液が流れ込まなくなり勃起しなくなったり、性行為の途中で硬さが落ちてしまう中折れという症状が出てしまいます。PDE5は日常生活で常に勃起を抑えてくれているように必要な酵素なのですが、いざ性行為時に多くなりすぎるとcGMPが過剰に分解してED(勃起不全)の原因となります。
シアリスの有効成分「タダラフィル」にはこのPDE5の働きを阻害する作用があります。PDE5がcGMPを分解してしまい勃起に必要な血液が海綿体に集まらなくなるので、シアリス(タダラフィル)はPDE5を阻害することで相対的にcGMPが増加し血管が拡張し勃起状態に促す働きをします。

2-4

ジェネリックとは

ジェネリック医薬品という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃる事と思います。最近ではTVCMでも使われるように一般的になったと思いますが、まだまだジェネリック医薬品を偽物や劣化品と考える方もいらっしゃいますが全くの誤りです。
先発医薬品と同成分で同じ効果のあり、先発医薬品よりも安い薬剤がジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品のメリットは安全性が確立されている薬剤を安く処方できる点です。

薬剤は開発費がと時間が膨大に掛かるために、製薬会社に特許権を与え独占的に販売できるようにしています。また新しい薬剤の宣伝のためには広告費もかける必要があり、開発費と広告費を回収するために販売されたばかりの薬剤は価格が高めに設定されています。
ジェネリック医薬品は特許が満了を迎えた薬剤の製造・販売を開始するため、新薬を開発する程は開発費も掛からず効果は既に浸透しているので広告費もかかることが少ないので、新薬発売時よりも価格を抑えることができます。
特にご年配の方の中にはジェネリックのことを「ゾロ」と呼称し敬遠する方がいらっしゃいます。

「ゾロ」とは先発薬の後からゾロゾロ出てくることから名付けられましたが、昔は見た目だけ真似たものも出回っていたことから偽物の意味を含んだ蔑称として用いられてきました。
しかし現在のジェネリック医薬品は製造・販売する際は必ず申請することが義務付けられており、認可をおりなければ製造はできません。ジェネリックの認証基準は世界統一となっている為、海外でジェネリック医薬品とされ製造されている薬剤は新薬と同成分であり同様の効果が期待できるものです。

シアリスジェネリック処方

様々なメリットがあるジェネリック医薬品ですが、シアリスに関しては日本ではまだ特許権が切れていないためにジェネリック医薬品を製造・販売することができません。海外では既にシアリスジェネリックの製造・販売を開始されているケースもあるため、海外の様々な国では広く流通しています。海外では「タダシップ」や「タダライズ」とゆう薬剤名で販売されていますが、これらが代表的なシアリスジェネリックです。またバイアグラの製造でお馴染みの世界的製薬会社であるファイザー社も「タダリフト」の商品名でシアリスジェネリックの製造販売を行っており人気が高いです。
一部の情報ではシアリスジェネリックについても日本でも数年以内に販売が開始されるのではないか?と話が出てきていますが、2016年9月の段階では日本でシアリスジェネリックを入手するには海外で流通しているジェネリック医薬品を入手する必要があります。

現在ではインターネット上では海外で流通している薬剤を通販や個人輸入できるサイトが出来ている為に、購入のハードルが下がってきています。しかし購入者が増加する事によって悪徳業者等も比例して増加していき、ある調査結果では通販や個人輸入で購入した薬剤の約60パーセントが偽物だったという事例も出ています。偽物にも種類があり有効成分が表示よりも少ないものや全く入っていないもの、薬剤に不純物が入っているものなど様々です。
またシアリスジェネリックはシアリス同様に併用してはいけない薬剤がございます。代表的なものだと硝酸剤です。硝酸剤とシアリスを併用すると過度に血圧を下げてしまう可能性が高いために、硝酸剤を使用している方にクリニックや医療機関ではシアリスの処方はされません。個人輸入などでシアリスジェネリックを購入される方で自分が服用している薬剤がある場合、自分自身で併用禁忌の薬剤を判断してしなくてはならず、健康被害が出たとしても誰も保証してくれませんので危険度が高くなります。

ED治療薬の安全性や有効性は立証されていますが、あくまで用量・用法や患者自身の健康状態や病歴などを判断して最適な薬剤の選択をした場合に限ります。安易に自分で服用する薬剤を判断するのでなく、クリニックや医療機関で専門の知識を持っている医師の診断を受け、ご自身に最適な薬剤を処方してもらう方が安全です。

3-15

記事監修

2008年
久留米大学医学部医学科卒業
2008年~
福岡大学病院にて卒後臨床研修後、同大学医学部形成外科に入局 (2017年3月退局)
2011年
山口県済生会下関総合病院形成外科
2012年
新小文字病院形成外科
2013年
福岡大学大学院生体制御系専攻入学(2017年3月修了)
2014年~
正樹会佐田整形外科病院形成外科
2016年
九州中央病院形成外科
2017年4月
ユナイテッドクリニック福岡博多院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト