コラム

コラム

シアリスのアンチエイジング効果

ED薬・早漏薬専門のユナイテッドクリニック各院では、ED治療薬バイアグラ(シルデナフィル)、バイアグラジェネリック、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)、早漏治療薬プリリジー(ダポキセチン)、サプリ(亜鉛、マカ)などを処方しています。
今回はED治療薬であるシアリスが、アンチエイジング効果としてどのように作用するか詳しく説明していきます。

シアリスとは

シアリス(Cialis)は、米国のイーライリリー社が世界で3番目に製造・販売(2003年)したED治療薬です。日本では、厚生労働省に2005年9月承認申請され、2007年に日本イーライリリー株式会社から販売されました。2009年7月からは、販売が日本新薬株式会社へと移管されました。主成分は「タダラフィル(tadalafil)」、他のED薬と比較して最大の特長は、長時間効果持続することです。海外ではウィークエンドピルと呼ばれていて、薬剤を服用するタイミングを計らなくて良いことから人気があります。即効性のあるレビトラと持続性の高いシアリスを、状況に応じて使い分けて服用される方が多くいます。
シアリスの効果は、薬剤を服用してから約1~2時間程で効果が発現し、約30~36時間程効果が持続します。ED治療薬の3種類の中で、シアリスが一番食事とアルコールの影響を受けづらく、副作用がバイアグラ、レビトラと比べると約3割ほど発現しにくいことがメリットとして大きいです。
シアリスの副作用で主な症状は、「顔の火照り」、「目の充血」、「鼻づまり」、「背部痛」「筋肉に関する痛み」等の副作用があります。主に発現する副作用として「目の充血」、「顔の火照り」がありますが、この2つはシアリスの血管拡張作用によるもので、シアリスがしっかり効いてる合図として捉えてください。

シアリスのアンチエイジング効果

3-12

シアリスの血管内皮細胞の保護作用
シアリスは、ED治療薬のみではなく、血管内皮細胞の保護作用(血管年齢を若く保つ効果がある)持っていることが判明しています。
2007年~2008年にかけ、アメリカやEUなどで用量の低いシアリスを定期処方が承認されたことにより、近年シアリスのアンチエイジング作用(血管年齢を若く保つ効果)についての研究が急速に進んでいます。臨床試験で毎日シアリスを服用した患者から、「循環器疾患のリスク」と「血管の老化」が下がっていたという報告が多くありました。
シアリスのアンチエイジング作用は、血管内皮細胞という血管の内側を覆っている細胞が、一酸化窒素 ( N O )の産生量が増えることで老化防止に繋がります。シアリスの主成分である「タダラフィル」を定期服用した場合、服用を中止しても4日~6日目程度で身体に効果が残ります。完全に成分が抜けても最低でも2週間程、血管内の一酸化窒素 ( N O )の産生量は増加した状態で血管の老化を防いでくれます。

シアリスの動脈硬化予防

動脈硬化とは、血管が硬くなり柔軟性や弾力性が失ったしまった状態になり、血液が流れにくくなる症状です。原因として、加齢やコレステロールなどの血液脂質が動脈にたまって酸素や栄養素が不足、高血圧、糖尿病、肥満、タバコなどにより動脈硬化が進行していきます。シアリスは、定期的に服用することでアンチエイジング効果により血管老化防止することが出来るので毎日、低用量を服用することを推奨する海外の医師もおり、動脈硬化予防の治療法として認められています。

アンチエイジングに効果的な食べ物

同窓会などで久しぶりに会った知人が老けて見える、また何十年前と比べてもほどんど変わりない人など、見た目の年齢と大きく差が出ていると感じることがあると思います。これは、日常的にアンチエイジングにいい食べ物や食事を取っているかどうかで大きく変わってきます。しかし、食品から一日に必要な摂取量を満たすことは、かなり困難です。ですので、「高容量のサプリメント」を服用することで一日に必要な成分を摂取することで効果的なアンチエイジングに繋がります。

亜鉛

亜鉛は、性欲減退、ED(勃起不全、中折れ)治療の補助、脱毛をさせる酵素を抑制する効果、LOH症候群(男性更年期障害)の改善などの様々な効果があります。亜鉛不足は、男性ホルモン(テストステロン)の低下に繋がり、疲れが抜けない、イライラする、やる気が起きないなどの症状が現れます。一日約25mg~50mg摂取することで、上記の症状の改善に繋がると報告されています。

ビタミンB郡

ビタミンB郡は、疲労回復や神経、筋肉の機能を正常に保つ効果があるビタミンB1、発育のビタミンと呼ばれ皮膚や粘膜機能維持に関わるビタミンB2、タンパク質の代謝に欠かせない栄養素であり神経伝達物質の合成にも関わるビタミンB6、細胞分裂するのに不可欠な補酵素で赤血球の生成するときに働く「造血のビタミン」と呼ばれるビタミンB12、コラーゲンを生成する働きがあり美肌効果に最適なナイアシン、ストレスへの抵抗力や動脈硬化・風邪などの免疫力を強くするパントテン酸、脳卒中などのリスク低減や認知機能低下の抑制などの効果があるヨウ酸など、アンチエイジングに必要な要素を多く含んでいます。

ビタミンC

ビタミンCの効果は、抗酸化作用や血流悪化の防止、疲労回復、コラーゲンの合成に深くかかわっています。人は空気中の酸素を取り入れると、取り入れた数パーセントの酸素が活性酸素と呼ばれる物質に変化します。活性酸素は、増えすぎるとタンパク質やDNAを攻撃し、細胞の機能低下に繋がります。しかし、ビタミンCの主な働きである抗酸化作用により、活性酸素を無害化することが出来ます。他には赤血球の生産補助をすることで鉄分の吸収も強化されて、貧血や疲労防止にも効果的です。

3-7

シアリスはクリニックで

シアリスはED治療薬で副作用が少なく、お酒や食事の影響も受けにくいことで世界で一番人気があります。また、アンチエイジング効果や動脈硬化防止効果もあるため一石二鳥の薬剤といえるかもしれません。ただし服用できない方もいます。例えば高血圧や前立腺肥大の薬剤であるα遮断薬、降圧剤全般、狭心症や心筋梗塞の既往がある方は必ず医師に相談しましょう。使用禁忌薬や併用禁忌薬があるかもしれませんので信頼のおけるED専門外来であるユナイテッドクリニックでの処方をお勧めいたします。

記事監修

平成16年
秋田大学医学部医学科卒業
平成16年
上尾中央総合病院
平成26年
ユナイテッドクリニック池袋院
平成27年
ユナイテッドクリニック上野院
平成29年
ユナイテッドクリニック大宮院院長就任

診療メニュー一覧

診療の流れ
採用情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
(休診 15:00~15:30)
診療の流れ 求人情報
ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック東京駅前院公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト