コラム

コラム

2016.12.26

サノレックス処方

ユナイテッドクリニックではED治療・AGA治療を始め、ダイエット(メディカルダイエット)に効果的な治療薬やサプリメントも処方しております。今回はダイエットに効果があるとされる「サノレックス」という薬剤についてお話しいたします。

サノレックスとは

サノレックスとは1992年に厚生労働省が承認した日本で初めての食欲抑制剤です。元々アメリカのノバルティスファーマ社と呼ばれる製薬会社で開発され製造販売していましたが、現在はノバルティスファーマ社から日本の「富士フィルムファーマ社」に製造販売の権利が移っている薬剤となります。

サノレックスの有効成分は「マジンドール」と呼ばれ、食欲抑制剤としては日本で唯一承認されている薬剤のため効果や安全性の高さも広く知られています。

サノレックス(マジンドール)の効果

サノレックスの優れている点は満腹中枢に刺激を与えて満腹感を促すことで食欲を抑制することにあります。満腹感とは食事などで増える血糖の刺激を満腹中枢と呼ばれる器官がうけることで、「これ以上食事は必要ない」という刺激を発生させることで生じる仕組みになっています。
体中の刺激や信号は「神経伝達物質」が担っており、この神経伝達物質は余剰分が出てしまうとトランスポーターと呼ばれる働きによって細胞の中に吸収されることが分かっています。サノレックスはこのトランスポーターの働きを阻害する効果があります。トランスポーターの働きを阻害することで、細胞へ吸収されてしまっていた分の神経伝達物質の量が増え、それによって満腹中枢を刺激しやすい状態に持っていく事が可能になるのです。

ダイエットは基本的に消費カロリーが摂取カロリーより下回り、身体にため込んだ脂肪などを燃焼させ不足分のカロリーを使わせることで体重を減らしていきます。満腹中枢が刺激され食欲を抑えることが出来れば食事の量を減らすことが出来、おのずと摂取カロリーも減ることになります。サノレックスを服用して今まで通りの生活をすれば消費カロリーは変わらずに摂取カロリーが減るために、体重が落ちていくようになります。

サノレックス(マジンドール)の服用方法

サノレックスは昼食30分ほど前に1錠服用します。基本的に1日1錠で十分効果は出ますが、もし効果が薄いようでしたら1日3錠まで増量して服用することは可能です。その場合は朝食前に1錠、昼食前に2錠などといった服用方法になります。

サノレックスを連続して服用できる期間は最大3ヵ月となっております。これはサノレックスの主要な薬学的特性がアンフェタミンに非常に類似している為とても依存性が高いことが理由です。その為3ヵ月連続して服用したら休薬期間を設ける必要があります。しばらくの休薬期間の後また服用することも可能ですが、その場合も連続服用は3ヵ月までとなりますので、服用期間については注意が必要となります。

またサノレックスを服用すると食欲抑制効果がありますが、お菓子や間食を続けてしまうことで摂取カロリーがへらずに体重が減少しない方もおられます。まずは食生活や生活習慣などを見直し肥満の原因を追究することで、サノレックスなどのダイエットピルと共に正しい減量計画を立てることが大切です。

サノレックス(マジンドール)の副作用

サノレックスを服用しての副作用ですが、報告されているものの中には重篤な副作用は認められていません。主な副作用としては口や喉の渇きによって水分が欲しくなる口渇感や便秘、嘔吐や睡眠障害などが症状が少数ですが報告されています。症例報告の中で多い口渇感は水分を十分に取って頂くことで改善がみられますし、便秘は食事の摂取量が減ることで起きる症状です。便秘がひどくなる場合は緩下剤をサノレックスと併用しても問題ありません。

サノレックス(マジンドール)の禁忌

  • 過去にサノレックス(マジンドール)に対して過敏症の症状が出た方
  • 緑内障の患者(眼圧が上昇してしまう恐れがあるため)
  • 重度の肝、腎障害の患者(代謝・排泄が遅延することがあるため)
  • 重度の高血圧の患者
  • 重度の膵臓障害の患者(インスリン分泌抑制用があるため)
  • 重度の心障害のある患者(症状悪化の恐れがあるため)
  • 脳血管障害のある患者(症状悪化の恐れがあるため)
  • 不安・抑うつ以上の興奮状態の患者及び総合失調症の精神障害のある患者(症状悪化の恐れがあるため)
  • 薬物・アルコールの乱用歴がある患者(このような患者は一般的に薬物の乱用や依存性が高いと考えられるため)
  • MAO阻害薬(国内では主にパーキンソン病の患者が使用する)投与中または投与中止から2週間以内の患者
  • 妊婦か妊娠している可能性のある婦人
  • 小児

上記の項目に当てはまる方にはサノレックスと禁忌となるために、処方することが出来ません。

ゼニカル(オルリスタット)との併用

サノレックスと同じぐらいダイエットピルとして有名なのがゼニカル(オルリスタット)です。両方とも抗肥満薬として処方されるケースがありますが、作用機序が違うために併用することが可能です。サノレックスと違いゼニカルには休薬期間は必要ありませんので長期間服用することが可能です。

アクセス良好(池袋・渋谷・新橋・上野・横浜・大宮)

渋谷ユナイテッドクリニックは下記の駅から徒歩2分で受診でき、非常にアクセス良好です。JR渋谷駅「ハチ公改札」を出て正面のスクランブル交差点を直進し「SHIBUYA109」を目指してください。そのまま「SIBUYA109」沿いの道を直進した隣のビル「玉久ビル4F」が渋谷ユナイテッドクリニックになります。

また渋谷駅地下3a出口の隣に当院が入居する玉久ビルの入り口があり、すぐにご来院いただけます。

渋谷駅乗り入れ各路線

JR東日本 山手線・埼京線・湘南新宿ライン・成田エクスプレス 徒歩2分
京王電鉄 井の頭線 徒歩2分
東京急行電鉄 東横線・田園都市線 徒歩1分
東京メトロ 銀座線・半蔵門線・副都心線 徒歩1分

東京でも有数の中心街である渋谷は東京だけでなく各方面からのアクセスも良好です。原宿・新宿からもすぐ受診できます。以下の方は渋谷院にもご来院ください。
新宿・新宿3丁目・原宿・表参道・代官山・代々木・青山・北青山・渋谷・松涛・神山町・有楽町・駒場・恵比寿・青葉台・中目黒・麻布・五反田・三宿・下北沢・初台・竹下通り・赤坂・乃木坂・六本木・赤羽橋・虎ノ門・白金・銀座・霞が関

処方価格はお薬代のみ・プライバシーに配慮

ユナイテッドクリニック東京は初診料・再診料は無料で処方価格・購入費用は薬剤費のみです。格安・激安・最安値で処方できるように努力いたします。またすべての院が駅近の立地でかつ、人目につかずご来院いただけるようプライバシーに最大限の配慮をしています。

池袋院・渋谷院・新橋院・上野院・横浜院・大宮院へお越しください。

ユナイテッドクリニック東京の各院ともターミナル駅近でアクセス良好です。

池袋院 JR池袋駅北口そば(20b出口横 ニイミビル7階)、西口徒歩0分 TEL:03-6907-1942
渋谷院 JR渋谷駅ハチ公改札口徒歩2分 地下3a出口徒歩0分(SHIBUYA109に隣接する玉久ビル4F) TEL:03-6427-0522
新橋院 JR新橋駅銀座口・東京メトロ銀座線新橋駅、徒歩0分(JR新橋駅銀座口を直進、メトロ銀座線新橋駅2番口そば、1階にファミリーマートのリプロ新橋4階) TEL:03-6264-6480
上野院 JR上野駅入谷口そば、御徒町駅徒歩4分(入谷口前の1階にサンクスが入った早稲田ビルジング8階) TEL03-6231-6472
横浜院 JR横浜駅西きた口、西口徒歩3分(第7浅川ビル4階) TEL:045-594-9983
大宮院  JR大宮駅西口、徒歩0分(駅前陸橋を降りて3件目の山中ビル5階) TEL:048-871-8239

また新橋院には飛行機で東京へお越しの方、上野院・大宮院には新幹線で東京へお越しの方が大勢いらっしゃいます。ユナイテッドクリニックには池袋・新宿・渋谷・目黒・五反田・上野・御徒町・神田・秋葉原・東京・有楽町・八重洲・銀座・品川など東京はもちろん、埼玉(さいたま・大宮・川口・浦和)、千葉(船橋・柏・松戸)、神奈川(横浜・関内・川崎)などから多く来院されます。

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6427-0522
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト