コラム

コラム

2016.12.12

薬剤性EDとは

EDとは「Erectile Dysfunction」の略で勃起不全、勃起障害、男性の性機能障害のことを指します。陰茎の勃起の発現、維持ができずに満足に性交の行えない状態、または性交時に有効な勃起が得られないため満足な性交が得られない状態がEDと定義されています。EDの原因には大きく4つに大別されます。

・器質性ED
身体的な要因によりEDになることです。加齢や生活習慣病による動脈硬化が起こり、陰茎に血液が送られずにEDになったり、神経系に障害が起き勃起不全になることで満足に性交の行えない状態になります。

・心因性ED
主に精神的ストレスによりEDになる方を指します。仕事や家庭のストレス、子作りのためのプレッシャーなどが深く影響します。自慰では勃起するが相手がいるとダメになるというのが心因性EDの典型的な特徴です。最近多い「妻だけED」もこの心因性EDに該当します。

・薬剤性ED
普段から常用している薬剤の副作用が原因で引き起こるEDを薬剤性EDと呼びます。抗うつ剤や精神安定剤、睡眠薬を服用している方に主に見られます。抗うつ剤や精神安定剤などの薬剤を飲み始めてから調子が悪いと感じる男性は薬剤性EDの可能性を疑いましょう。

・混合性ED
文字通り器質性ED、心因性ED、薬剤性EDを2つ、あるいは3つの原因を混合させたEDです。特に器質性EDが原因で不安やストレスを感じるようになり精神的な要因を引き起こし心因性EDの原因も発症させてしまうのが典型的な特徴です。

上記4つの原因の中でも薬剤性EDというのは認知度が低く、勃起不全は直接生命に関わる病気ではないことから降圧剤や高脂血症治療薬などの薬剤の説明書に副作用の一例として記載することは極めて少ないのが現状です。薬剤性EDの予防、改善には自身である程度の知識や対策を身につけておきましょう。

薬剤性EDとは

主に神経に作用する薬剤が薬剤性EDに繋がってしまうことを覚えておきましょう。抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬などは脳の中枢神経を鎮める作用を持ちます。勃起が発現するためには性的興奮、性的刺激が神経を通して陰茎まで伝わる必要がありますので神経の働きを抑える薬剤を常用していると性行為時にスムーズに勃起しない可能性が出てきます。同じく神経に作用する薬剤としては、体の各部に存在する末梢神経に働く抗コリン薬やツボクラリンなどの骨格筋弛緩薬も挙げられます。勃起不全のみならず性欲自体が減退したり射精障害が見られたりすることも少数ですが調査の結果報告されています。

また、神経系に作用する薬剤以外でも、消化管などの治療に使われる薬剤も薬剤性EDの原因になることがあります。代表的な消化器官用薬ですとガスターなどのH2ブロッカーと呼ばれる消化器官の治療薬です。ガスターには副作用として勃起障害が明記されています。これは薬の成分に、わずかながら抗アンドロゲン作用(男性ホルモンを抑える作用)があるためと考えられます。

中でも高血圧の治療に用いられる降圧剤(血圧降下剤)は、最もEDとの関連性が証明されている薬の1つです。代表的な降圧剤としては、アテノロール錠などのβ遮断薬や、アダラート錠などのカルシウム拮抗薬があります。もともと高血圧治療を行う男性には、動脈硬化が進行して陰茎の血流が悪くなっているケースが多いです。そこに降圧剤を使うと、血圧が下がって血流がさらに悪くなり、動脈硬化と降圧剤の2つの作用でED 症状が出る可能性があります。器質性と薬剤性の混合性のED です。特に毛細血管の集まる陰茎には、降圧剤による影響が強いです。ただし高血圧そのものがEDの一因となっている可能性もあるため、一概に薬だけに原因があるとはいえません。降圧剤による薬剤性EDの方でもバイアグラ、レビトラ、シアリス等のED治療薬は有効です。しかし降圧剤とED治療薬の併用には注意事項がありますので医師の診察を受け、正しくED治療薬を服用しましょう。

薬剤性EDの対策

これらのように薬剤性EDには様々な要因が挙げられていますが実際に因果関係を明確にするのは困難です。自身の持つ病気や心理的な問題、喫煙や食生活などといった生活習慣が関わっている可能性も十分に考えられるからです。ただし原因が常用している薬剤だと明確になっている場合、服用を止める、もしくは変更するだけで改善へと繋がります。独断で服用を中止、変更するのはもちろん危険です。もともと降圧剤などは必要があって処方されている薬剤ですから、まずは担当医に相談することが大切です。特に抗うつ薬などの精神神経用剤は急に服用を中止すると思わぬ副作用を引き起こす危険もありますので気を付けましょう。主治医に相談することで用量を下げる、もしくは変更をしてくれますのでお気軽に話してみましょう。例えば降圧剤の場合、アンジオテンシン受容体拮抗薬は他の降圧剤と比較して勃起障害が起こりにくい薬剤として知られています。

数多くあるEDの原因は、ED治療薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスのいずれかを併用することで、状態の改善が望めます。しかしネット通販・個人輸入では50%以上の薬剤が偽造品である調査結果が出ているので専門のクリニックで医師の指導のもとED治療薬を購入し薬剤性EDの改善をしましょう。

ED治療・早漏治療ならユナイテッドクリニックへ(池袋・渋谷・新橋・上野・横浜・大宮)

ED治療早漏治療のユナイテッドクリニック東京(池袋・渋谷・新橋・上野・横浜・大宮)の各院ではED治療薬のバイアグラ処方・レビトラ処方・シアリス処方・バイアグラジェネリック(シルデナフィル)の処方、早漏治療薬のプリリジー処方の価格を東京・埼玉・神奈川で最安値の値段で出来るよう目指しております。
思い悩む前にお気軽にご来院ください。ご相談のみでも構いません。またED・男性更年期障害(LOH症候群)に効果があるDHEA亜鉛ビタミンBマカ等の取り扱いも致しており様々な悩みに対応することができます。

アクセス良好(池袋・渋谷・新橋・上野・横浜・大宮)

渋谷ユナイテッドクリニックは下記の駅から徒歩2分で受診でき、非常にアクセス良好です。JR渋谷駅「ハチ公改札」を出て正面のスクランブル交差点を直進し「SHIBUYA109」を目指してください。そのまま「SIBUYA109」沿いの道を直進した隣のビル「玉久ビル4F」が渋谷ユナイテッドクリニックになります。
また渋谷駅地下3a出口の隣に当院が入居する玉久ビルの入り口があり、すぐにご来院いただけます。
渋谷駅乗り入れ各路線

JR東日本 山手線・埼京線・湘南新宿ライン・成田エクスプレス 徒歩2分
京王電鉄 井の頭線 徒歩2分
東京急行電鉄 東横線・田園都市線 徒歩1分
東京メトロ 銀座線・半蔵門線・副都心線 徒歩1分

東京でも有数の中心街である渋谷は東京だけでなく各方面からのアクセスも良好です。原宿・新宿からもすぐ受診できます。以下の方は渋谷院にもご来院ください。
新宿・新宿3丁目・原宿・表参道・代官山・代々木・青山・北青山・渋谷・松涛・神山町・駒場・恵比寿・青葉台・中目黒・麻布・五反田・下北沢・初台・竹下通り・赤坂・乃木坂・六本木・赤羽橋・虎ノ門・白金

処方価格はお薬代のみ・プライバシーに配慮

ユナイテッドクリニック東京は初診料・再診料は無料で処方価格・購入費用は薬剤費のみです。格安・激安・最安値で処方できるように努力いたします。またすべての院が駅近の立地でかつ、人目につかずご来院いただけるようプライバシーに最大限の配慮をしています。

池袋院・渋谷院・新橋院・上野院・横浜院・大宮院へお越しください。

ユナイテッドクリニック東京の各院ともターミナル駅近でアクセス良好です。

池袋院 JR池袋駅北口そば(20b出口横 ニイミビル7階)、西口徒歩0分 TEL:03-6907-1942
渋谷院 JR渋谷駅ハチ公改札口徒歩2分 地下3a出口徒歩0分(SHIBUYA109に隣接する玉久ビル4F) TEL:03-6427-0522
新橋院 JR新橋駅銀座口・東京メトロ銀座線新橋駅、徒歩0分(JR新橋駅銀座口を直進、メトロ銀座線新橋駅2番口そば、1階にファミリーマートのリプロ新橋4階) TEL:03-6264-6480
上野院 JR上野駅入谷口そば、御徒町駅徒歩4分(入谷口前の1階にサンクスが入った早稲田ビルジング8階) TEL03-6231-6472
横浜院 JR横浜駅西きた口、西口徒歩3分(第7浅川ビル4階) TEL:045-594-9983
大宮院  JR大宮駅西口、徒歩0分(駅前陸橋を降りて3件目の山中ビル5階) TEL:048-871-8239

また新橋院には飛行機で東京へお越しの方、上野院・大宮院には新幹線で東京へお越しの方が大勢いらっしゃいます。ユナイテッドクリニックには池袋・新宿・渋谷・目黒・五反田・上野・御徒町・神田・秋葉原・東京・有楽町・八重洲・銀座・品川など東京はもちろん、埼玉(さいたま・大宮・川口・浦和)、千葉(船橋・柏・松戸)、神奈川(横浜・関内・川崎)などから多く来院されます。

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6427-0522
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト