コラム

コラム

2016.10.28

レビトラの効果と副作用

近年、ED(勃起不全)にかかる方は年々増え続けており、今や日本人男性の3人に1人がED経験者であると言われています。これは日本の過酷なストレス環境も原因の1つとしてあげられるでしょう。
EDになる原因は大きく分けて心因性と器質性の2つに大別することが出来ます。心因性EDは文字通り心が原因で起こるEDで、強いストレスや幼少期のトラウマによって起きます。器質性EDは身体的な問題、つまり生活習慣病や事故などで身体に問題がある時に起きるEDのことを指します。心因性ED・器質性EDのほとんどはED治療薬を服用する事で解消することが出来ます。
日本国内で認められている、ED治療薬にはバイアグラ(シルデナフィル)レビトラ(バルデナフィル)シアリス(タダラフィル)の3剤のみです。海外では他にもステンドラ(アバナフィル)ザイデナ(ウデナフィル)などのED治療薬もあるのですが、これらは日本では認められておらず、ネット通販や個人輸入代行などで手に入れるしかありません。通販サイトでは日本では未認証の医薬品や海外製のジェネリック医薬品も販売されており、更に激安や最安などと書いてあり、安くED治療薬が購入できる印象があります。しかし、こういった通販サイトや個人輸入代行で販売されている医薬品の約6割が偽物という調査結果があります。偽物でも製品が届かないや、体に害のないものであればまだマシなのですが、望んだ効能の成分が全く入っておらず、別の成分が入っている場合もあり、服用する事で重篤な副作用が出る場合もあります。また偽物の薬剤は往々にして不衛生な環境で作られていることが多いので何が入っているか分かったものではありません。医薬品の処方は必ず医療機関で行いましょう。
ちなみにそういった個人輸入代行や通販サイトでレビトラジェネリックや、シアリスジェネリックのED治療薬も販売しています。レビトラのジェネリックやシアリスのジェネリックは海外では一般的に流通しているのですが、日本では販売の許可が下りていない事ないとしているクリニックも多いようです。また、通販サイトや個人輸入代行で入手した、ジェネリック医薬品を服用しても効果を得られなかった方がジェネリックは無いと勘違いされる方もいらっしゃいます。

レビトラとは

レビトラとはドイツのバイエル社が開発したED治療薬で世界で2番目つまり、バイアグラの次に販売された薬剤で主成分はバルデナフィルです。レビトラはバイアグラの改良版とも言われており、効果や効能はバイアグラに似ているのですが、バイアグラより水に溶けやすい性質を持っているため、即効性に優れており、また効果時間もバイアグラより長く食事の影響も受けにくいので、バイアグラよりレビトラの処方を希望される方が多いです。もちろん、体質によってレビトラよりバイアグラの方が効果を得やすい方もいらっしゃいますので、一概にレビトラの方が良いとは言えませんが、バイアグラで効果を得られない方はレビトラを選択すると良いでしょう。

レビトラの作用機序

レビトラはバイアグラやシアリスと同じ、PDE5阻害剤に分類される薬剤です。PDE5は主に陰茎組織に見られる酵素で、勃起の発現・維持に大事な生体内伝達物質サイクリックGMP(cGMP)を分解します。レビトラの主成分であるバルデナフィルは、このPDE5を阻害することでcGMPの分解を抑え、勃起反応を強化・延長させることが出来ます。
簡単に言えば、ED治療薬レビトラの含有する主成分バルデナフィルには陰茎の海綿体平滑筋の緊張をゆるめ血流をよくする作用があり血流が良くなることで、陰茎の海綿体へ十分な血液が送り込まれる仕組みを確保し、興奮した時に正常に陰茎が勃起いやすい状態を作り出す作用があります。

レビトラの効果

レビトラはED治療に用いられる薬です。よく勘違いされるのですが、ED治療薬は勃起をさせやすくする効果はありますが、強制的に勃起させる、いわゆる性欲剤や催淫剤の類ではありません。あくまで海綿体付近の血流を良くし、勃起しやすい環境を整えてくれるだけなので性的興奮や刺激がないと勃起することは出来ないのでご注意ください。
また、レビトラに限らず、ED治療薬は6回以上服用して初めて効果判定が行える薬剤です。ED治療薬はその時の体調や、食事にも影響されるので、1回や2回試して効果がなかったと思う必要はありません。自分に合わないと感じ止めるのではなく必ず6回以上服用しましょう。それでも効果が得られなかった場合は体質的にレビトラが合わない方かもしれませんので、医師に相談するようにしましょう。

レビトラの副作用

レビトラはバイアグラに比べると副作用は出にくいのですが、やはり副作用が出る方も一定数いらっしゃいますので、軽くお話ししておきましょう。そもそも副作用とは薬を飲んだときに現れる、本来の目的以外の作用をのことです。レビトラの場合、勃起作用以外に現れる症状がこれに当たります。
その点を踏まえてレビトラの副作用ですが主なものは、ほてりや頭痛、鼻づまり動悸などが挙げられます。実際に 国内で実施された臨床試験でもレビトラ5mg、10mg、20mgが投与された総症例913例中257例(28.15%)の主な副作用は、ほてり143例(15.66%)、頭痛51例(5.59%)、鼻閉(鼻づまり)27例(2.96%)、心悸亢進(動悸)27例(2.96%)等でした。

PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6427-0522
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
ユナイテッドクリニック池袋駅前院
ユナイテッドクリニック新宿駅前院
上野ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト